« December 2003 | Main | February 2004 »

January 2004

水面ちゃん。。。

yubi02.png
「ゆびさきミルクティー」待望の2巻。
カバーは一押しの眼鏡っ娘「黒川水面(みなも)」ちゃんだし、もうなんていうか「讃えよ、眼鏡っ娘!」って感じです。
ストーリーも絵のタッチと同様に繊細で少し心が痛むような甘酸っぱいもので、ストライクです。
とりあえず、眼鏡っ娘萌えなら買え! そして水面ちゃんに萌えるべし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

薬物依存

CXにて、MDMA(アンフェタミン系Drug。もちろん違法)などの薬物蔓延の実態レポートを見る。
某巨大掲示板などでは、よく見る話だけれども映像としてみるとやはりインパクトがでかいなぁ。
もっと恐ろしいことに、MDMAの作用時間を延ばすために睡眠薬を服用するとか。。。
死ぬぞ
興奮作用と沈静・睡眠作用のあるものごっちゃにして飲んだら、中枢神経のコントロールがうまくいかなくなることなど明白じゃないかなー。
乱用している連中は、どうせ脳みそがスカスカだから理解などしていないだろうけど

私の手元にも正規の診察にて処方されたロヒプノール(フルニトラゼパム:ベンゾジアゼピン系睡眠薬)など色々ありますが、こんなものに頼らず生きていけるならどんなに幸せかと思うんだけどなぁ。
やっぱり、薬物依存になる連中の気持ちだけはよくわかんないかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ToDo

やらねばならないことがいろいろあるので、順位付けをしてみる。
リストアップすると、よけいにやる気が出ない_| ̄|○
こうなってくると思考がネガティブになってきて「DMNGにこんなことさせるな」とか思ったり。
でも、やることやらないとご飯は食えない訳で。
あー、もうなんだかなぁ。。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

腫れてる〜その後

いい感じに腫れるし痛いしでさんざんな目にあった左下の親知らずですが、ようやく痛みが引いてきたもより。
前回と比べて違和感があるなぁと思ったら、一部頬まで縫われてますよ。
そりゃ、痛いわけだ。
でも、ただの歯科医ではなくて口腔外科の先生にやってもらっているぶん、まだ腕はいいんだろうなぁ、きっと。
予約を取りづらいのが難点ですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

髪型について

ごく個人的な記事かも。。。
男性の髪型は基本的に、長かろうが短ろうが「不快感さえ与えてなきゃそれでよし」だと思いますよ。
髪が長くて量が多い場合などは、梳いてもらったりしてボリュームを落とすという手もありますが。
まぁ、大学時代から髪型が変わらないやつに聞いても無駄な気もしますが。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

週刊:今日の蔦子さん02

今回は黄薔薇革命ですよー。
でもまぁ、令ちゃんがへたれモードになるだけだし(ひどい

tsuta03.png
トレードマークのカメラ(EOS Kissかな?)をぶら下げての登場。
いつみてもよいお顔だ。なむなむー。

tsuta04.png
えー、某NERVの司令官ですくわ?
でもかっこよいから、これはこれで。。。

おまけ
youko01.png
山百合会の真の支配者、蓉子さま。
尋問されたら、すぐ何でも吐きますって感じになりますの。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

腫れてる。。。

昨日抜いた親知らずですが、抜くのに苦労をした下側が激しく腫れる・ぼんやり発熱・ちゅかそもそも痛い、とえらいことに。
医者から処方されているロキソニンやバラシリンで、かろうじて痛みを抑えている状態。。。
明日ぐらいには、落ち着いててくれるといいんだけどなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

親知らず抜きますた

ということで、一月ぶりに親知らずの抜歯。
しかも、今回は「せっかくだから」という理由で左側上下一度に抜くことに。。。
まぁこちらとしては手間が省けるしいいかなと、了承。

第一ラウンド「左下」
歯茎に対して平行に生えているので、ばきばきとリーマー他で割りまくり。
それでも抜けなかったりしたらしく、顎が外そうな勢いで器具を歯へねじ込んでました。
歯根に近いところに虫歯もあったので、予想外に手間がかかった模様。

第二ラウンド「左上」
麻酔注射後、あっさり抜けますた。
下側に比べると、1/10の時間でしたよ ゜w ゜ノ 兄さん

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Operation Rescue Iraq People

陸上自衛隊第3施設団および第2師団隷下の第2施設大隊他を中心とした地上部隊の本格派遣。
同時に、輸送業務のために海上自衛隊および航空自衛隊へも同時に派遣命令が発せられるといったように、イラク人道復興派遣活動も本格始動に。

国内では反対活動などかなり根強いものがあるけれども、筆者自身は「派遣に条件付き賛成」なのです。
自衛隊による初期復興作業とそれに続いてNPOや政府主導のODAなどでの長期にわたる復興作業によって、はじめて本来の人道支援が完了するのではないかと。
そのへんまでの長期視点をもった上での派遣であれば、本来の目的を十分に達することができると思います。
また、派遣隊員たちは苦しい中きっと「国民の負託」に応えてくれると信じていますが、その国民がバラバラではどうしようもないし、ましてや隊員たちに反対の声を投げつけるプロ市民もいる始末。
なんだか、怒りを通り過ぎてあきれるほかなしというところです。

本来ならば自衛隊を派遣しなくてもよい状況が一番いいのですが、それがかなわない現状ではある程度の自衛手段をもった組織を派遣するのは自明の理ではないかと思うのですが。
何よりも派遣を決定したのは、「国民が選択した政権」であり派遣に反対するのであればその声を政治に向けるべきで、命令された職務を遂行するにすぎない自衛隊にいろいろ活動を行うのは筋違いだと、ネットの上での小さな声でもここであげておきたいわけです。
派遣された隊員たちの無事を祈りつつ。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

怪物と博物学

「1890年ドイツ、龍の標本の謎」という記事。
これを読んだときに、博物学が全盛だった時代(1800年代後半)に作られたキメラ標本の数々を思い出します。
「猿の頭」+「大型魚の胴体」=人魚の標本
といった見せ物レベルから、それなりの結合技術で作られたものまで、当時は相当数が出回っていたのではないかと思われます。
今回発見されたものの詳細を見ると、大型のトカゲにコウモリの羽をつけ、細部にいろいろ細工をしたものと考えられます。
しかし、それだけでこれだけきれいな状態で標本が残るかどうかは疑問が残るところで、もしかすると人工樹脂などの当時の最新鋭技術が使われている可能性も隠しきれないですが。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

漢のデコトラ

用事で某国道をCBR走っていたときに見かけたもの。
デコトラ「ベルダンディ」仕様_| ̄|○


  • リアパネルに、大きく羽を広げたベルダンディ

  • 運転席脇には、細かなディティールは不明だったものの、やっぱりベルダンディ


ドライバー、漢だ。。。(間違った方面で
えー、思わず写真とりたかったのですが残念ながらバイクに乗っている身では、それもかなわず。。。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

近所のジャンク

用事で実家近くを走行中、とある農家の庭先に燃えた形跡があるらしきバイクのフレーム(エンジン付き)を発見。
この地域は由緒正しき珍走団が出没する地域なので、どうせその辺の残骸かと思っていたら、珍走車とは思えないエンジンを発見。
縦置きVツイン
MotoGuzziしかあり得ん。。。
なぜ、庭先に放置されているままなのかいろいろ謎が深まるばかり。
一度、訪問して事情を聞いてみるのもいいかも。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ということで

久しぶりにMay目一杯CBRを直線番長気味に飛ばしてみるの巻。
タイヤも皮むきが終わっているし、心配していたオイル漏れもカウルにたまっていたものが落ちただけ、チェーンその他整備も万全という状態で、高速へGO。
さすが、直線がたっぷりある某高速道だけあって6速/14,000rpmで気持ちよくクルージング。
その後、高速連続コーナーなどをへのろんと通過。
路面温度が低い状態でも、しっかり食いつき感があって安心。

自分なりにはうまく走れたとは思うけれども、傍目から見ていてどうだったのやら。
あとは、低速時のマシンコントロールをしっかり練習しないと。。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の鋼錬

筋肉山盛りの回か。。。。
niku01.png
賢者の石」への道筋も出てきて、新展開ですのぉ。

しかし、「鎧の呪い」アルフォンスがぽつんと駅に取り残されているシーンは、いい感じ(藁。
aru01.png

| | Comments (0) | TrackBack (0)

からだがー

実家に戻ってCBRに乗る機会が減ってしまい(寒いし)、何ともはや。
久しぶりに乗ってみたら、体固くなっているし_| ̄|○
ちょいとこまめに乗る癖をつけて、感覚取り戻さないと。

とはいえ、住宅街の真ん中ではMC14Eのサウンドは迷惑っぽい感じが。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

週刊:今日の蔦子さん

今週もやってきました、このコーナー。
tsuta02.png
うん、よいお顔だ。満足ー。
ストーリーのほうは激しくはしょり気味な気もしましたが、蔦子さんが活躍しない回はどうでもいいや。。。

おまけ
銀杏王子Mに目覚める(うそ
gin1.png

| | Comments (2) | TrackBack (0)

のだめカンタービレ

何気に面白そうということで発注した「のだめカンタービレ」。
nodame.png
おもしろい!
音大を舞台に繰り広げられるコメディなのだけれど、ヒロインの野田恵(通称「のだめ」)が学内でも俊才と名高い千秋真一と知り合い、彼に接近しようとしていろいろな奇行行動にでる。
たいていその行動は真一をあきれさせ制裁をくわえられ「ぎゃぼーっ」など奇声を上げる羽目に。
しかし、のだめのピアノは気ままに歌うように伸びやかな旋律を奏で、完璧主義者の真一の心を捕らえていく。
現在進行形で連載が行われているので、先が楽しみ。

しかし、amazonから以下の状態で送られてきたのには、ちょっとどうかと。
nodame01.png
早速交換の申し込みしたけど、最初から「ダメージ」と書いてあるなら発送するなよ。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Deutschland über alles

ww2_d_dora_05.jpg
世界に名だたる奇天烈兵器を作り上げたドイツ第三帝国ですが、比較的有名なのがこの「80 cm Kanone (E) "Dora"」ではないかと。
元々列車砲という概念は、鉄道の発達したヨーロッパならではの兵器なのですが、このDora全備重量1,345,000kg、運用要員だけで500名、整備や警護部隊などを合わせると4,100人近くの人員がいる代物。
こんな兵器をWW2に平気で持ち出してきちゃうおドイツの偉大さと間抜けっぷりがいかすなぁとか思う次第で、やはりおドイツ技術至上主義は大好きだったり。
きっと、こういう大物を性懲りもなく作り上げるだろうことを期待しつつ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sony開発部隊

Sonyの開発部隊はそれはもう連係が悪いというか、社内カンパニー制を引いているためか組織間の情報共有が無きに等しいというのが実情ですよ。
# 同じカンパニー内でも、プロジェクトが違うと仲が悪いという
# 異常なところもあったような。。。
一時期は、社内カンパニー制度による独創性と競走が良いといわれていた時期もあったんですが、さすがにDVDレコーダという主力商品のラインナップが混在しているのはまずいという判断だったんでしょうねぇ。
Sony信者としては、お布施先が一つになってくれるのはありがたいことですけど(藁

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゆめりあ

1話を途中まで見た感想。
だめだ。。。(いい方向で
ちゅか、おねぇちゃん出している時点で反則気味。
これで、黒田脚本だもんなぁ。
まぁ、どういう展開があるかはまぁ予想できる訳だけど、楽しみになっているのってやっぱりはめられていますか_| ̄|○

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3次元

いろいろな利害関係が交差する3次元世界は辛いなぁとか思ったり。
すべてがうまくいくシナリオなど無いとはわかっているものの、ついそれを目指してはいろいろ無用な心配をしたり。。。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

J2

十兵衛ちゃん、剣劇シーンがいっそうかっこ良くなってる。
シベリア柳生との息詰まる切り合いシーンは、相当気合い入っているなぁ
j2.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

たれてる。。。

CBRを駐車しているところになぞのシミを発見。
手触りからするとエンジンオイルくさい。。。
# カワサキじゃないのになー(問題発言
ドレンから漏れた形跡はないけれども、そうするとどこからこのオイルがきたのかが謎。
オイル交換をしたときにカウルに残っていたという線が一番濃厚なもののしばらくは様子見が必要かも。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

今日の蔦子さん

悪巧み顔も素敵。
tsuta02.jpg

おまけ
現ヘタリアに逃亡中の蟹の人?
kani.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

はながー

なんだか、1月に入ってからこの日記風邪との戦いを記録しているような気が。
ようやく、熱や咳も止まって快方に向かっているものの、鼻炎が残っているのが困りもの。
鼻からすべての粘液が出まくっているような感じで、寝てもどことなくすっきりせず。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ぼーっ

熱は治まったもののだるい感じが抜けず、ごろごろと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

西洋医学の勝利

かぜ(どうもインフルエンザくさい)は、ようやく発熱も治まり鼻水ほかの後遺症状を残すのみに。
しかし、ただでさえ体力がないところにさらに追い討ちをかけられたようで、ほんとにぐったり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

西洋医学と東洋医学

西洋医学と東洋医学どちらも結果として健康に戻すという面はおんなじなのに、アプローチの違いが面白いなぁ。
西洋医学は、「病気の原因を薬物で攻撃殲滅」というヨーロッパ大陸文化の制圧思想が元になっているような感じ。
それに対し、東洋医学は「病気の原因をうまく取りなしてリズムを戻す」という宥和思想と思われるし。
医学といえどもその文化が育まれた思想が濃厚に現れるのだなぁとか思ったり。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

かぜの逆襲

せっかく昨日熱が下がったのに、今朝起きたら39.8度もありますよ_| ̄|...○)))
PL顆粒だけではもはやだめかも。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

歯医者

ここしばらく虫歯になっているところなどを治療中。
今日も、ガリゴリ虫歯を削って埋めてもらってきました。
痛かったら申告するようにわれるものの、我慢できなくなりそうなあたりでリュータを止めてくれるのである意味生殺し状態。
残り2ヶ所の虫歯を埋めて、親知らずを一通り抜けば大がかりな歯周りの治療は終了の予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かぜ~その後

昨日いい感じに熱が上がりこりゃインフルエンザかもとか思っていたら、PL顆粒他のおかげで熱が下がりましたよ。
まずは一安心ってとこです。
しかし、どこから風邪を拾ってきたのかは謎のまま。
特段人ごみにもでてないのになぁ。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

蔦子さんキター

最初の設定画面を見て激しく抗議したいところだった、蔦子さんのめがねがぼく好みになってますよ。
tsutako.jpg
もうこれだけで、十分です(ぇー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かぜ

空気が乾燥していたりなんだりなので、うがいをしていたのにもかかわらず風邪をひきますた。
げほげほ咳込んでいたり、風邪薬でボーっとしたり。
かといって昼寝をして生活リズムも崩したくないしと、どうしたものやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Windowsのレジストリ修復方法

自分用めも
MS サポートページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シュレディンガーの猫

シュレディンガーの猫という作品、ラストの一言に非常に感動。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヲタクって。。。

ヲタクという生き物(だと思う、多分)は、自分の好きな分野についての知識はもちろんのこと、その他周辺知識やそれにまつわるいろいろな知識を溜め込んでおくことが理想的と思われがち。
けれども、実際のところただ単に知識を溜め込んでおくだけでなく、何かの拍子に人に話題を提供できるような知識が大事なのではないかと思ったり。
そう思うと、何の気なしに買ってしまった物が意外なところで役に立つこともあるとは思うけれども、お財布の中身は有限な訳でどうしたものやら。
でも、とりあえず人間関係はお金では買えないものなので、その辺は大事にしようと思うのですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お正月の過ごし方

終末の過ごし方」ではないですが、お正月の過ごし方はいろいろあります。僕の場合、ここしばらくは冬混みの戦果品を消化しつつ実家で過ごすというのが定例。。。
# もっとも、今年は12月から療養のため実家にいるのですが。。。

お正月といえばおせち料理ですが、豆やごぼうといった普段食べにくい食料をばりぼり食べられるのが、何よりも幸せ。
体が求めているせいか、やたらとおいしく感じる。
後は家族でたべるというのもあるんだろうけど。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おしょうがつ

さて、あっという間に新年。
いつも通り、家族とおせち料理をつついたり、年賀状はやっぱりほとんど来なかったりと
まぁ代わり映えのないお正月風景。
もっとも年賀状が来ないのは、自分が年賀状を作るのがめんどくさいから返事を出さなかったせいだったり。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2003 | Main | February 2004 »