« June 2004 | Main | August 2004 »

July 2004

卒業あるいは入学

PC-98版で死ぬほどやりたおした「卒業」が、リバイバル。
レビューをみると、音声がPCMのままだったりとよくも悪くも完全移植版のよう。
それでもいいのです。
大学生の頃に講義をほったらかしてまで中本 静生徒を育て上げようという情熱を思い出させてくれるから。。。

しかし、今回のパッケージはこれ。
sotugyo.png
新作のキャラクターしか書かれていませんよ。
ジャケ買いする人などいないとは思いますが、ごく一部の方には誤解を与えかねないかも。

ただ、新作のプレビューパンフレットなどを見ると、今度担当する生徒の親はみんな独身(母子家庭)ですよ。
ってことは、母親攻略エンドもあり?
どちらにしろ、ヲタクから自分が卒業するのは当分先のことのようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tommy february6

眞鍋かをり(一発変換された、、、ことえり)のblog「眞鍋かをりのここだけの話」のエントリー「なりきりTommy february6」を今更のように発見。
眼鏡っ娘キタ━━━━(°∀°)━━━━!!!!!

気になって、「Tommy february6」が何者かを検索…
日本人だったのか
名前とかは聞いたことがあるものの、何者かを調べようともしなかった自分に愕然orz

DISCOGRAPHYをみると、ぼくがわくわくする'80sコンセプトなエレポップらしいです。
買いに行かないと。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

モバイルアクセス

iBook G4をメインに持ち歩くようになってから困ったことが。。。。
普段、アキバなどへ出かけるときは公衆無線LANが完備されているので、ネットへのアクセスに困るようなことはないのですが、そうでない場所で急にネットへ繋ぎたいとなると何もできず…
AirH”のUSBモデルなどを使えば解消できる問題ですが、少々のMail&Webのために導入するのもちょっともったいないなぁとか思ったり。
携帯電話のデータ通信(9600bps)を使う手もありますが、これはこれで遅くて話にならないし。。。
公衆電話のモデム接続口を使うという方法が、オンデマンドでいいのかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台風一過?

なんだか、日本の南方海上をうろうろしている台風10号ですが、雲がかかるとたまに雨が降るというようなんだか台風らしくない状況。
その割に、海から湿気が大量に吹き込むので蒸し暑いというのが何ともはや。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

認知療法

ここ最近、病状が若干不安定になることもありますが完全に落ち込むことが無くなってきたような。
自分の現在の心理状況などを「なぜ今自分はこのような気持ちになったのだろう」と言うように、ある程度原因とその結果を一致させて自分に認識させるという方法を行なっているからかも。

この治療、副次的に自分の性格や行動パターンもある程度客観的に把握できたりして、そういった面でも有効なのかも。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

AC5

いよいよ、いろいろな情報が公開されてきて、否が応でも期待が高まるAceCombat5ですが、また新しい情報が。
namcoのサイトをみると、グリペンやら未来(31)タンが!
MiG-31に乗って、A/F焚きっぱなしで高高度飛行チャレンジなんかをやってみたいものですねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

熱気

今日も都心は39.5度とかなんだかとち狂った気温になってましたが、路面近くでは40度越えてたような気が。
渋滞にはまるとあっという間にファンは回りっぱなしで熱風はくるは、キャブに入る空気が冷えてないので心持ちトルク感が薄れているような気もしたりで。。。

しばらくは、こんな気温が続きそうで、、、、ラジエータ周りの再点検しておこーっと。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

バイクと異性の好み

バイクの好みと異性の好みが似ているのではないかと、某友人とお話ししてみたり。
=ではないものの≒ではないかとは、思えるかもなぁ。。。

ぼくの場合、バイクに対する要求は操作に対するレスポンスの早さと正確さ、それに自分が扱いきれるパワーがあることです。
これを女の子の好みという目で見ると、、、
「レスポンスの早さ」=会話とかそういった面での機敏さとか、展開の仕方のうまさ
「扱いきれるパワー」=よくも悪くも自分の身の丈にあった相手を選ぼう
ってな感じでしょうねぇ。

まぁ、どちらにしろその辺の運にとんと縁がない人間が何を書いても一緒という気もしなくはないですが。
(つД`)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

終身雇用の功罪

日本企業でもリストラの嵐が吹き荒れた昨今、「終身雇用の時代は終わった」とかいわれてます。
ところが、なかなか人間そうは変われないもので。。。

終身雇用の良いところは、「企業に対し忠誠心をもった優秀な人材を一から育てられる」というところににつきるかと。
そのため、被雇用者側は社会的身分の安定という、ある意味報酬のようなものをもらうことができるのかなと。

逆に、人材育成に失敗してもその人間をなかなか切れないところが、終身雇用の欠点であることはいうまでもないところです。
また「企業に忠誠心をもちすぎる」ため社会倫理に反した、数々の不祥事もまた発生する土壌があるのかもしれないです。

ぼく自身は、終身雇用などもはや保証されない時代に就職活動をしたせいもあり、そのシステムに対し幻想を抱くこともないです。
ある程度の規模の会社にいた頃は、終身雇用の残滓で息苦しさを感じたりもしました。
その結果会社を飛び出してしまった訳ですが、その選択が今もって正解だったかどうかは分かりません。。。
今現在は小さな会社に勤めている身になると、時々大きな組織が懐かしくなることもあります。
特に、不安定な病気を抱え込んでしまった為に、余計にそう思うのかもしれないですが。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

祇園祭

今日は祇園祭のハイライト「山鉾巡行」だったことに、さっき気がつきました。
祇園祭自体は、7月1日から31日までいろいろ行事があるのですが、まぁ一番派手なのがこの行事なので有名なのかなと。

今年は梅雨明け後だけに、宵山や山鉾巡行は地獄の暑さじゃないかな。。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

近況

ちとばかり間が空いてしまいましたが、何をやっていたか。。。。
何もやってません
あかんやんorz

とまぁ、そんな訳でそれじゃいかんと遊びに行ってみたり。
最近のカラオケってBGVがオリジナルのアニメが映ったりするのねー、いやびっくり。
# アニソンしか歌ってないこと、ばればれ

てなことで、朝帰りだったりするので寝ます。
夕方には、アキバでcomiketのカタログ買っているでしょうけど(ぉ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

梅雨明け

関東地方も梅雨明けしたらしいです。
って、ずいぶん前から梅雨明けっぽい気圧配置だったような気がするのですが(藁
昨日夕方にしょぼしょぼと降った雨が、最後の梅雨だったというわけですか。。。

路面からの照り返しがきつくて激しく体力消耗しそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

参議院選挙

さて、ふたを開けたら民主党躍進、自民党敗北ということになりました。
でも、正直な話どの政党に入れようが根っこが腐っている政治屋にはもはや信頼など置けないです。
何より、国家100年を見据えた政治運営ができない時点で、政治家失格じゃないかと。
尖閣諸島での石油採掘問題ほか、日本EEZ海域での周辺国(wの海底資源略奪やらなにやら。。。。
もううんざり。

国内問題でも、所詮目先のことしか考えない場当たり政策ばかりでは、国民の政治不信は加速する一方ではないかと。
重要といわれていた今回の選挙でも、半数が投票にいかないという事実。
これは、暗に今の政治そのものへの拒否権と受け止めるべきではないかと思います。

日本でもオストラシズムを導入してほしいなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

あのー

何ですか、この暑さわ。
ただでさえ、ちょいダウナー気味な体に追い討ちをかけるようで。。。

幸い完全ダウナーからは抜け出せましたが、暑いのはやっぱり体にこたえますね。
水分の補給をしないと。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バイクの保管場所

兄者のマンションで原付が不審火で燃えたそうで。
マンションとかの場合外から死角になってしまう所に駐輪場があったりして、盗難や今回のような不審火など犯罪を誘発しやすいのかも。
特に、暑くなってきて脳みそ湧いた連中がいっぱい出てきてますし。

そういうところにバイクを置かなきゃいけなかったりすると、とてもじゃありませんが安心して寝られないなぁとか思ったり。
その点、今の部屋はまぁ何かやられそうなところでは無いとは思われますが、油断しているとあっさりということもあるし気をつけないと。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

げんしけん4巻

いまさらながら、「げんしけん 4巻」をじっくりと読んでみる。
from amazon

この巻は、咲ちゃんが中心となって話を進めていると言っていいと思います。
というより、げんしけんの本来の面白さであろう「一般人から見たおたく集団観察」という一面から見れば大活躍していても当然といえば当然ですが、それ以上にサークルを前へ押し進めていくためのエンジン役になってきている面も見逃せないかと。

個人的に気に入っているのは、「第20話 漂流部室」かな。
各人それぞれ隠したがっているものが何かが微妙に知りたいような、そうでないような。。。
以前は何となく見えなくしたり何だりといろいろ工夫しましたが、今や隠す努力すら放棄してます。
そういった面で自分の部屋に状態に一番近いのが班目くんなのですが、人としてどうかは聞かないでください。
# いや、ゴミとかはきちんと捨ててありますよ。一応。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いろいろと...

まぁ、人並みに悩むネタがあったり無かったり。
悩んで回答が出る問題であれば、いくらでも人に相談するなりいろいろ手を尽くす努力はするわけですが、そうでないことも多くてぐるぐると思考の罠にはまったり。
アカシックレコードでも読めるような能力があるなら問題は無いわけですが、そうでない身としては地道に状況判断と対策という手段しか無いのかな。。。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« June 2004 | Main | August 2004 »