« メカ娘さん | Main | MacOS X Sec.UPDATE »

B.H.D.

ソマリア内戦に介入すべく、1993年5月からはじまった第2次国連ソマリアPKFに参加したアメリカ軍が行なった「アイリーン作戦」の悲劇を描いた「Black Hawk Down」を見る。
BlackHawk(UH-60)についてはリンク先を参照のこと。

劇中、ソマリア民兵の「アメリカが来て、アイディードを殺したら俺たちが銃を置くと思うか?そんなことはない…」という一言が印象的。
国際社会がいかに問題を解決しようとしても、そう簡単に氏族同士の憎しみあいは終わらないことを感じさせる言葉。
それと、不正規戦とくに市街戦では「テクニカル」と呼ばれるピックアップバンに機関砲を乗せただけの簡単な車両でも脅威となることに…。

結局、誰もが望んだ平和などこないまま国連も手を引き、いまだに内乱は終わっていない。
ただ、この作戦で命を落とした兵士は「軍人としての使命を全うした」という事実だけは、誰にも否定できない。

|

« メカ娘さん | Main | MacOS X Sec.UPDATE »

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1472/2135599

Listed below are links to weblogs that reference B.H.D.:

« メカ娘さん | Main | MacOS X Sec.UPDATE »