« November 2004 | Main | January 2005 »

December 2004

よいヲタクへの道

世の中年の瀬ということで、我が身を振り返ったりする記事が多いです。
ぼくの場合は、ここに列挙するまでもないので省略(ぇ

先日、お友達と皆で集まって話をしていたところ「典型的なヲタクと面白いヲタクの違い」見たいな話をしたり。
典型的(痛い)ヲタクのどこがダメなのかとかはさんざん書いてきたので、面白い(よい)ヲタクになるための方向性を探っていこうかと。

さくっと結論から書いてしまうと、「世の中の常識」と「俺ワールド」をうまく使い分けること、「空気を読んで」互いの個性を認めましょうってことです。
これができると、面白い仲間が見つかりそこからまた新しい面白い人をというような人間関係のつながりを広げていくことができます。
だからこそ、「世の中の常識」が必要な訳ですね。
この辺をきっちり理解して、さらに自分の得意分野をわかりやすく説明できるようになっていくのが、よいヲタクへの道なんでしょうねぇ。

まぁ、自分が偉そうに言うべきことでもないのですが。
"評論家気取りの勘違いヲタク"ほど、端から見ていて痛いものはないですからねぇ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

White Fear

コミケット初日を襲った雪が、また降るようで…
2004_12snow29日に積もった雪にびっくりして思わず撮った写真。
この日は、家でくつろいでいたので被害はなし。寒かったけど…

こうなる前に、さくさくと帰省準備して20分先の実家へ戻るとしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ループする一日

ようやくAll you Need is Kill読了。
ひたすらループする時間を過ごすことになってしまった主人公が、そのループから抜け出す条件を探し出すその過程を淡々とした文体で追っていく作品。
ループを抜け出すために、ありとあらゆるフラグやルートを探り、そしてバッドエンドでもう一度やり直す。
通常やり直しのきかない人生を、何度となく同じところのみをループするというのはもしかしたら地獄なのではないかと思ったり。
しかも、ループのエンドは必ず死ぬというのでは…

最後にループを抜け出せた主人公が、幸せだったのかどうかはわからないけれど…

| | Comments (0) | TrackBack (1)

まただよ

うっかり、夕方にうたた寝をしてしまって種運命見逃した orz
二次裏実況とピンポンで楽しむ予定だったのに…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クリスマスイブのお買い物

クリスマスイブと言えば、当然お買い物ですよ(何がどう当然だか突っ込まないこと
今回は本屋にまったく行けていなかったのでどさどさと、その辺りをお買い物。
book041224

自分でもわかっています。買いすぎです。
反省の意味も込めて買ったものリスト。
しかし、これだけの量をざっと読み込める集中力を仕事に生かせればどんなにかマシなのになぁ…

All You Need Is Kill集英社スーパーダッシュ文庫...
現在読み込み中。
しかし、作者の桜坂 洋先生と顔を合わせて仕事をしたことがある&顔見知りというのが何ともはや…。
今思うと自分が書いた文章のつたなさ加減に涙が出てきます。
ガンズ・ハート (4)電撃文庫 (1025)
シリーズ最終章前編って感じですね。
世界の成り立ちななど解き明かされつつ、文明の進化の道のりは変わらず戦争なのかとしばし考えさせられたり…。
今回は隣国の切れ者参謀もでてきて、かなり白熱。
続きを早く希望。
ご主人さまとアタシ花とゆめCOMICS
橘裕先生の短編集。この人の作品はからっとしていて、しかも女の子が元気なのがとても良い感じ。
今回の題名になっている作品も、大暴れヒロイン登場。大好きです。
Rozen Maiden(4)バーズコミックス
アニメ化もされ人気爆発なRozen Maiden。前巻からの引きである蒼星石と翠星石の対決の結末。深紅と水銀燈の戦いなど見応え抜群。新キャラ「金糸雀(カナリア)」もでてきましたが、なんだかボケキャラくさい感じが…
成恵の世界(7)カドカワコミックスAエース
あー、写真に入れ忘れてた…
今回は、機族の女の子たちの活躍ぶりが楽しいですね。特にドジっ子鈴ちゃんが何ともいい味で…
通常機械であるはずなのにドジっ子というのは貴重な存在らしいという、ある意味これからの伏線にもなりそうなエピソードもあり、楽しみ。
ちょこッとSister 3 (3)ジェッツコミックス
本来であれば、ヒロインのちょこちゃんとかに萌えるんでしょうけど…。
奥手な管理人さんを応援したい、今日この頃
金魚屋古書店 1 (1)IKKI COMICS
漫画読みによる漫画読みのための漫画。
新規シリーズとして始まった、漫画専門古書店「金魚屋」を舞台にしたストーリ−。
漫画中で漫画を扱いつつも、毎回すばらしいストーリーを紡ぎだしているのには絶句の一言。
じっくり連載を続けてほしい作品かも。
女子大生家庭教師濱中アイ 2...少年マガジンコミックス
気を抜くとすぐに授業があらぬ方向へ脱線してく家庭教師コンビが楽しいかも。
4コマとストーリーをうまくかき分けられるかどうか、今後もじっくり見ていきたいかも
エースコンバット5...The PlayStation2BOOKS
ACE COMBAT 5の攻略本。
はっきり言ってしまうと、"2ch AC5攻略スレ データ集"を知っていれば無用な本だったかも。
まぁ、開発スタッフのインタビューや公式な世界観設定などを読むのにはいいかなぁ。
辣韮の皮—萌えろ!杜の宮高校...Gum comics
辣韮の皮—萌えろ!杜の宮高校...Gum comics
辣韮の皮(3)GUM COMICS
「辣韮(らっきょう)の皮」シリーズまとめ買い。
これも、放蕩オペラハウスさんで取り上げられていて興味があったので購入。
「ヨイコノミライ」よりはギャグのおかげで救いがあるのですが、それでも自分の昔を思い出すと「あ痛たた」と思うことが山ほどあるかと…
東亜総統特務隊 新装版歴史群像コミックス
大日本絵画社からでていた一等自営業閣下の単行本のリニューアル。
一応、20Pほど書き下ろしのドイツアフリカ軍団の短編がありますが、もとはPanzer FrontのWebコミックとして掲載される予定だったというもの。
アフリカものなのでPANZER FRONT Ausf.Bの販促用だったと推測してみたり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

B-52B "008" 引退

宇宙ネタでもう一つ。
NASAのニュースを見ていたら、長年空中発射母機として活躍していたB-52Bが引退したとのこと。
"Double-0-eight's"と言う愛称で親しまれたこの機体、1959年から始まった"X-15"プロジェクトに投入され、つい先日行われた"X-42A"プロジェクトまで実に45年間もNASAの実験を支え続けた、「陰の主役」といっても過言ではない機体です。
後継は、B-52H"025"が受け持つようですが、これも基本設計はおんなじ1950年代だからなぁ…
パーツやらの供給は戦略空軍でも現役の機体だから問題はないでしょうが。

何はともあれ、お疲れさまでした"Double-0-eight's"…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

DELTA IV Heavy

ボーイングの開発していた"DELTA IV Heavy"の打ち上げ試験が成功したそうで。
ムービーもサイトにあがっていたので見たのですが、エンジンからものすごい勢いで炎がでているのが何ともはや。

このロケット、もともとあった"DELTA IV"にさらに2本第一段ブースターをくくりつけたような格好に見えますが、実際そのとおりな設計で…
まぁ、お手軽かつ低コストで打ち上げ能力を上げようとすれば当然の結果なのですが。
そう考えると、ソビエト(ロシア)のソユーズロケットの第一段目の設計にも一理あるなぁとか思ったり。

ソユーズの第一段目は、4個の液体エンジンで1組のブースターを構成。
これを4組使用しているので、合計20個もの液体エンジンがあることに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Insomnia

あー、なんか眠いはずなのに眠れませんよ。
中途半端に眠ったり起きたりの繰り返し…
月に2度ほどの、BZP耐性抜きのためとはいえ辛いなぁ。
やれやれ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mosquito

冬至も迎えて冬本番という時期に、なぜか蚊が部屋に侵攻してきました。
昨晩も1匹撃墜したのに、今日は2匹も侵入を許してしまい、ようやく全機撃退。
夏の間は1匹もいなかったのにおかしいなぁ。どっかに水たまりでもあるのかなぁ…
水回りとかのチェックをしないと…

| | Comments (4) | TrackBack (0)

時計

久しぶりにswatchのサイト見てたら、これが欲しくなりました。
どうも、針が一杯ある時計に弱くて…
今メインで使っているのも、そうだしなぁ。
watch
そんなに時計買ってどうすんの、って突っ込みをよく受けますが、欲しいものは欲しいのですよw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mad Scientist Cafe

日本SF大会(HAMACON2)の自主企画で「マッドサイエンティスト カフェ」なるものが開催されるとか。
白衣とメガネのマッドサイエンティストなウェイターさんが、いろいろサービスをしてくれるというものらしいですよ。

うーん、なんというか冥土カフェの女性向けのような企画なのかなぁ。
まぁ、「白衣+メガネ」というのはある一ジャンルを築いているようなので、これはこれでありなのかも。
ウェイターさん募集中らしいので、応募してみようかなぁ(マテ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自己評価の一考察

ヨイコノミライ」でも少し触れたのですが、なぜ自分を含めてヲタクという人種が痛いのかをそれなりに考えてみる。

…やっぱり、「心の距離感覚喪失」とか「空気が読めない」とかそういう感じなんだろうなぁ。
できていれば、ヲタクであろうとも普通に会話ができているはずだし…。
しかしながら自分で気が付きにくいことであり、他人から指摘されるようなことでもないってのが厄介なのかも。
分かりやすい欠点なら指摘もされやすいし、逆に自分でも気づきやすいものなのですが。

こうなると、やっぱり常に自分の行動・言動を客観的に評価するということが必要なんだろうけど、自分に対してどれだけ厳しくチェックできるかというとそれもまた難問で…
悩ましいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お買い物

とはいえ、自分の買い物ではないのですが。
それでも、いろいろ選んだりなんだりするのは楽しいものです。
たまには、こんな休日もいいものかなと。

ご飯いただいてしまって申し訳ありませんでした。
ありがとう&ご馳走様でした。 >該当のかた

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Host名

結構適当につけてしまっているPCの名前をきっちり統一しようか思案中。
とはいえ、たぶん女性名で管理することは明白な気も(ダメだ

って、よく考えたらWin鯖の名前変更はめんどくさいんだった…
# ドメインコントローラからの降格とかが必要だけど、
# 昇格させる先がない orz

めどいから、計画は撤回(ぇ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヨイコノミライ

放蕩オペラハウスさん紹介されて気になっていた「ヨイコノミライ! (1)Seed!comics」/「ヨイコノミライ! (2)Seed!comics」を読了。
ヨイコノミライ! (2)

だらけきったマン研で、まともな部誌を描こうといいはじめたとある高校生の悲劇(?)というか、なんというか。
さらに登場人物の脆弱な部分や醜い嫉妬や何やら、とにかく台詞や独白などとにかく心にザクザクと突き刺さる何かがあって、これめどいさん来襲中のときだったら確実に撃墜されていたような気が。

とくに、重要登場人物の一人「青木 杏」の台詞

自分の事には敏感なくせに他人に鈍感だからイヤなのよ
社交辞令とかわからないの
本心を明かす信頼なんて作るのは大変だけど
共通のキーワードで結ばれた場にいるときはお手軽な「仲間」になれる
合い言葉の通じない相手には深入りしないけど
仲間だと思い込んだ相手には勝手に期待が膨らんでいく
もうキーワードとか関係ない部分まで…
自分のすべてを受け入れてくれるじゃないかって

すごく痛い…自分にもこういう部分が少なからずあるのではないだろうかと苦しくなります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

寒い

曇っているせいか、気温がまったくあがっていない模様。
そして、紅茶をがぶ飲みしてカフェイン回りすぎて気持ち悪くなっていたり…

事務所へ行くときは、重装備にしないとだめだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

臨時バイク便

仕事の都合により、お客さんのところへ至急のお届け物が発生。
電車やタクシーでは間に合わないかもー、とか話をしていたら上司が
「チミはバイクで出勤しとるんじゃないかね?」
とさらっと言ってくれたり。
ということで、臨時バイク便として出発、無事指定時間前にお届け完了。

昼間の都内最速っぷりを発揮してみた、冬の日のこと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Encounter

ちょこっと用事があったので、某所へ出かける。
つい寄り道をしてしまい、お友達に発見されたり。
なぜにそこで出会ってしまうのか…うれしいことなのか行動がだだ漏れwなのか…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

眠い

総計で何時間寝たのかよくわからないけれども、とにかく寝ているよう。
ちょっとベッドで本を読んでいたはずなのにいつの間にか寝ているというのはざらで、下手をするとAC5をやりながらいつの間にか寝ていたり。
当然生活リズムもおかしくなる訳で…
過眠/不眠のぶれが大きすぎ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

またーかー

覆面さんに撃墜されますた。
23Km/h over…

以前の免停から、1年を過ぎていたのでまだましとはいえ、12,000円は痛いなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thunderbird 1.0

ちょいと遅れ気味ですが…
Thunderbird 1.0正式デビュー!
既にen版を仕事でばりばりと使っていますが、特段不都合もなく快適に使用できています。
はっきり言ってjp版なんぞいらんのですが、普及のためにはjp版も必要なんだろうなとか思ったり。
# Preferenceの英語など簡単だしとか思うのは傲慢なのかな

Junk Mailコントローラも快適で、HTMLメールも画像の読み込みはこちらから明示的に指定しないと読まないというぐらい、いろいろとセキュリティに気を配っている感じ。
返信するときに、返信元のメールヘッダから日付を引っ張って来れないとか、相変わらずなところもありますが、その辺は拡張機能を突っ込めばどうにかなるので些細なことかも。

Windowsでは、当分の間Mozilla Project製品のお世話になりそうです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

なんとか

仕事1つ終了。
けれども、まだ残っている量が尋常でないし…
とりあえず、寝てから考えよう…

| | Comments (2) | TrackBack (0)

うー

昨日うまく寝られなかったせいか、気持ち悪い…
あげなきゃいけない仕事もあるんだけど、ディスプレイ見続ける気力なし。
ファモチジン(H2ブロッカー)飲んで、ちょっとぐったりしよう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Unlimited...

とあるスレッドで見かけた良い台詞改変


—————体は戦闘機で出来ている。

血潮は航空燃料で コールサインはメビウス1。
幾たびの戦場を超えて不敗。
ただの一度しか戦略的撤退はなく、
ただの一度も理解されない。
彼のものは常に独り コクピットで勝利に酔う。

故に、生涯に意味はなく。
その体は、きっと戦闘機で出来ていた。


まさしく、AceCombat04のメビウス1を的確に表現してます。
ちなみに、元ネタはTYPE-MOONのFate/stay nightから

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お買い物

ということで、そんなクリスマスシーズンの街で買ってきたもの。
taloon.png
うむ、まったくクリスマスと関係ないですな。
でもまぁ、必要な物資調達だったのでこれはこれで良し。

以前に行ったMARIAGE FRÉRESで、「仕事の合間にリラックスできて、軽めのお茶」というリクエストをしてでてきたお茶です。
インドネシア産のTaloonという茶葉。
香りも澄んで軽く、飲んだ後かすかな甘みすら感じ、リラックスという面では最高かも。

それにしてもスタッフのお茶に関する知識には参りました。
曖昧なオーダーに対して適切なものを何種類か出してくる、さらにそこから派生して違う種類をという所はとても敬意をもちますね。
しかも、押し付けがましくなくスマートな会話が楽しめる、ただ単に棚から選んで会計という買い物とは格段に買い物の質が違うような。
店としての教育もそうなんでしょうが、本人がお茶好きでなければ勤まらないよなぁ、とか思った次第。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クリスマスシーズン

何かをしなければならない/カップルでいなければいけないという、強迫観念から解放されるとこの時期の街の風景が最近は好きになっていたり。
冷たい空気に映える、暖かくきれいなデコレーションなどは見ていて心が休まるもの。
ただ、やはりこの手のデコレーションはもとの建物にそれなりの味わいがなければ、なかなか似合わないものですが…

| | Comments (0) | TrackBack (1)

遠いなぁ

いろいろと考えることが多く、楽しいことから遠ざからなければならない可能性もあり…
心境としては、

It's a long way to Tipperary,
It's a long way to go.
It's a long way to Tipperary
To the sweetest girl I know!
Goodbye Piccadilly,
Farewell Leicester Square!
It's a long long way to Tipperary,
But my heart's right there

これがエンドレスで流れている状態。
楽しい顔をして繕うことも可能だけど、自分を見つめ直す機会なのかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

謎のお土産

お友達より、韓国お土産をいただきました。
korea.png

えーと、なんですかこのむやみに韓国を主張するパッケージデザインは。
これが韓流デザインなのか(マテ
常識の斜め45度の国なだけはあるなぁ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thunderbird 1.0RC

Windowsで愛用しているMailer、Thunderbirdがついに1.0RC(Release Candidate)に!
RSSフィードやTheme機能あたりのバグつぶしがかなり行われた模様。

しかし、何よりうれしいのがデフォルトのテーマがはげしく格好良いこと。
別にわざわざテーマの変更なんか必要ないぐらい、気に入ってます。
ちなみに、Firefoxの方はPlastikfox Crystal SVGという、KDEライクなテーマを使用しています。
こちらは、KDEライクといいつつもMacOS XのAquaにも結構似合うので愛用中です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MacOS X Sec.UPDATE

Security Update 2004-12-02 v.1.0 (Mac OS X 10.3.6 Client)が出てましたよー。
まぁ、Webニュースとかで報じられる頃には大概"ソフトウェア・アップデート"から通知が着ていてとりあえずアップデートしちゃうんですけどね。
今回の内容は


Apache
AppKit
HIToolbox
Kerberos
Postfix
PSNormalizer
Safari
Terminal

と、結構日常使っているサービスやら何やらが対象になっているもより。
適用して今のところは問題ないので、Windows系とは違ってよっぽどのことがなければ速やかにアップデートを適用して大丈夫というのが、今のところ非常によいと感じていたり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

B.H.D.

ソマリア内戦に介入すべく、1993年5月からはじまった第2次国連ソマリアPKFに参加したアメリカ軍が行なった「アイリーン作戦」の悲劇を描いた「Black Hawk Down」を見る。
BlackHawk(UH-60)についてはリンク先を参照のこと。

劇中、ソマリア民兵の「アメリカが来て、アイディードを殺したら俺たちが銃を置くと思うか?そんなことはない…」という一言が印象的。
国際社会がいかに問題を解決しようとしても、そう簡単に氏族同士の憎しみあいは終わらないことを感じさせる言葉。
それと、不正規戦とくに市街戦では「テクニカル」と呼ばれるピックアップバンに機関砲を乗せただけの簡単な車両でも脅威となることに…。

結局、誰もが望んだ平和などこないまま国連も手を引き、いまだに内乱は終わっていない。
ただ、この作戦で命を落とした兵士は「軍人としての使命を全うした」という事実だけは、誰にも否定できない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メカ娘さん

コナミから発売予定となっていた「メカ娘」さん公式サイトキタ━(°∀°)━!
この中では、やっぱり
「ソビエト空軍試作空中機動歩兵P60」(勝手命名:ソビエトさん)
「ドイツ陸軍3号突撃装甲歩兵G型」(勝手命名:ドイッチェメガネさん)
がぜひとも欲しいところ。

箱買いするのが目に見えている自分が何ともはや情けなし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CBRタン走る

バイクエントリが続きますが…

ついに、CBRタン総走行距離45,000Km突破しました。
19,000Km未満でうちにやってきたから、26,000Kmも走ったのか…
自分が免許を取ってからそんなに走ったのかという感慨もありますね。
どこに行くにも一緒と行っても過言ではない相棒と感じるだけはあるなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

白バイ 2題

事務所へ出かけるときに見かけたことなど。

その1
対向車線の原付が、シグナルダッシュで勢いあまってウィリー走行。
そのあと、きっちり白バイがサイレン鳴らして捕まえていたもより
# サイレンの音しか聞けなかったので、推測

その2
いつも走る人なら絶対にすり抜けない交差点を、華麗にすり抜けていったビクスク。
勇気があるなぁと思ってたら、やっぱり捕まってた。
もしかして、初心者だったのかなぁ。

てなことで、都内は白バイがうろうろしているから気をつけましょうね。
自分も含めて

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »