« March 2005 | Main | May 2005 »

April 2005

MacOS X 10.4 Tigerインストール

店頭販売は18時からだったものの、一足先にオンラインで予約していたら午後1ぐらいには到着していました。
ということで、早速インストール。
まずは、最近導入されたPowerBook G4 1.67GHz (M96677J/A)。
インストール作業時間は、30分弱。
OSの機能をフルサポートしているスペックだけあって、Dashboardモードで、ウィジェットを追加したときに波紋のようなエフェクトがかかるなど、わくわく感をくすぐるのが良い感じ。
# エフェクトの様子などはデモムービー参照のこと

次に、iBook G4 800MHz (M9164J/A)にインストール。
インストール作業時間は、40分程度。
初回起動時に行われるSpotlightのインデックス作成に若干時間がかかったものの、その後の操作感はMacOS X 10.3.xと変わらない感じ。
ただし、Dashboardモードのエフェクトなどがないのは残念かもーとは思うものの、根本的に使えないということはないので、このクラスのマシンを使っていてなおかつメモリが512MB以上あれば問題ないのかも。

httpd鯖となっているPowerMac G4 Cube (M7642J/A)へのインストールは、影響がまだ未知なのでしばらくは様子見という方針でー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ワールドプレミア

あぽーすとあ銀座を覗きにいったら、銀座で見掛けない感じの人が多数w
人のこと言えないですけどね orz

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ステッカー発注

仕事が山盛りになってしまい、どうにもこうにも現実逃避をしたくなったので、前から気になっていた近所のカスタムステッカー屋をのぞきにいってみたり。
話を聞くと、Illustlator形式データ持ち込みでカスタム制作請け負ってくれるとのこと。
早速、ブランドデータが多数あるサイトから、epsデータを拾ってきて変換。
Mailで見積もりとかお願いしてみたり。
ちなみに、お願いしたのは"PowerPC"のロゴだったり…
# AMDでもいいけど、メインで使っているのはこいつだし

連休明けに、納品予定なので今から楽しみなのですよー

| | Comments (1) | TrackBack (0)

手相

mixiで占いサイト紹介をしていたので、へろへろと見てみると…
手相占いがある!
ネットでどうやって占うんだろうとかおもったら、Flashで自分の手相をマウスで書くというある意味どうだろうという感じでした。
まぁ目安としてはいいのかもと思いつつ、なるべく似たような感じに手相を描いて、結果を見ると…
tesou
運命線らしきものが見つからなかったので、描き入れなかったらえらい結果がでてます。
本職ではないので見つからなかったのだろうということで、この結果は無視。
あっているところもあるし違うなと思うこともあるけれども、この辺は自己評価と他の人の評価がどう違うのかが知りたいところ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

遺族へのインタビュー

犠牲者がJR史上最悪になってしまった、今回の事故の報道をみて思うこと。
突然の悲劇に放り込まれた遺族の気持ちを少しも考えていない報道が目立ちすぎて、いたたまれない気持ちに。
ましてや、昨晩どの局かは忘れたけれどもなくなった方の部屋の中まで報道しているのは、「報道」の名を借りた悪質な「のぞき」の何者でもないとなと。
そんなことよりも、報道がなすべき役割はいくらでもあるだろうに。

今までの大規模災害/事故の報道でも思っていたことだけれども、いかにも「悲劇の一面」という画像が欲しいだけなら、そんなことを望んでいる視聴者などもはやごく少数しかいないということを考えるべき。個人的にはこのような報道を自粛すべきだと思う。
遺族の声が聞きたいのであれば、取材を承諾した遺族にのみ記者会見とかそういう場を設けて代表質問すれば事足りるんじゃないかな。
そもそも、遺族の気持ちは「悲しみ」と「怒り」しかないのにね…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フタコイ オルタナティブ

以前の「双恋」は、激しくどうでもよかったのでスルーしていたんですが…
オルタナティブは、結構好みかも。
何よりも、キャラクターが動く動く。
そして、OPの「女の子と銃器」もすてっきー(って、結局そこか

ストーリーとOPの銃撃戦が今後どう絡んでくるか楽しみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

風邪引いた orz

大急ぎであげなきゃいけない仕事があるのに、風邪を引いてしまって作業にならず。
無理矢理作業に取りかかってみたものの、すぐに気力と体力切れ。
明日には回復しているかなぁ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宝塚線脱線事故

JR宝塚線尼崎付近で、大規模脱線事故発生。
犠牲者の確認数は、現在も増え続けている模様。

現場はR300の制限70の急カーブで、今のところ回復運転のオーバースピードか軌道整備不備か原因ははっきりしておらず、今後の調査を待たなければ何ともいいがたい感じ。
ただし、R300の場合130Km/h以上で進入しないと脱線はしないという発表もあり、もしかしたら複合脱線事故の可能性もあるかも…
JR西日本の異常なほどのダイヤ遅延に対する運転手へのペナルティに対するプレッシャーがありそのためオーバースピードでカーブに進入直前に急ブレーキ→重心の急激な変化→脱線という構図ではないかなど、いろいろ噂が流れているものの…


事故を起こしたのは、207系Z16編成。
z16
車両は尼崎方面へ向かっていて、損傷を受けた車番と状況は以下のとおり。
train

| | Comments (0) | TrackBack (0)

備忘録

自分用のメモ
薬理凶室関係のページ

どくたーへるクラレ氏のページ
CLOCK EDELWEISS

Rudolph von Gartheimer
理想推進機関 宗凶法人 愛連合 理事長実験執務室

| | Comments (0) | TrackBack (0)

唐突に

ここしばらく仕事その他でiBook G4を使っていたら業務用として認識されたようで、パワーのあるマシンがよかろうと判断されたのかPowerBook G4 1.67GHz/1GB(M96677J/A)を貸与してもらえることに。
pbg4iBook G4の設定やアプリケーション類はすべて初回起動時のウィザードでさくさくと。まぁ、要はiBook G4をターゲットディスクモードでマウントして、小一時間も待たずしてhomeフォルダ他をざっくりコピーするってことですが。
やっぱり、1280×854のワイド画面はツールパネルをいっぱい開いても作業がしやすく言うことなし。
これだけの配慮をしてくれたから、それに応えられるような成果を出したいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

隣の国は…

日韓基本条約の破棄を求めているとか…
それって国際慣習上おかしいとかそういうことをわかってやっている…わけないよなぁ。
ちょいと前なら、宣戦布告と受け取られても仕方がない行動なんですよねー
今は国際司法裁判所に問題を預けるという方法をとるようですが、きっと彼らは法廷に立って弁論をしないだろうし。

ほんと、ごく一部の人間だけだと信じたいけれども、国としての常識を疑う行動が多すぎですね…

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ROCK岩崎氏

展示飛行訓練中に墜落、そのまま還らぬ人に…
航空自衛隊所属中に、F-104J vs USAF F-15CのDACT(異機種戦闘訓練)で見事F-15Cに撃墜判定を出したことで非常に有名で、その後も日本民間アクロバット飛行の第一人者としてがんばってきた方です。
それが、このような形で幕を閉じるとは思いもよらず…

今はただ安らかに空へ還られることを祈るばかりです

| | Comments (1) | TrackBack (0)

あらら

習志野駐屯地(陸上自衛隊第一空挺師団他)に、旧陸軍が毒ガスを地中投棄していた可能性が大とか。
投棄されているらしいのは、ルイサイト1(ClCHCHAsCl2=2-クロロビニルジクロロアルシン)。
ルイサイト自体は加水分解性質を持っているのでそれ自体がどうのこうのということは、既になさそう。
ただ、化学式にAs(ヒ素)が入っていることから流れ出して地下水と混ざって、(°Д°)ウボァーということはあり得るかもってことで、あわてて防衛庁が調査しているもより。

この間の理科の教科書をたよりに構造解析すると…
Clで始まっているからハロゲン化した化合物かな。加水分解すると最終的にヒ素化合物になるのはわかるんだけど、途中の反応式が謎だ…
地道に調べてみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Net Year

教科書に載らないニッポンのインターネットの歴史教科書が書籍で販売されるらしいです。
-from LOWTECH.NE.JP Weblog

以前、サイトに載っていたときには「ああ、全部知っているよなぁ」ぐらいにしか思わなかったのですが、目次になるとショックがでかいなぁ。

序章 JUNETとfj〜ワールドワイドウェブ以前
  世界一簡単なインターネットの説明
  教科書にも載るニッポンのインターネットの歴史——まずJUNETありき
  ネットニューズの頃
第1章 ニッポンの商用インターネットの草創期(1992〜1995)
  e-zine(だからパーソナルメディアなんだってば)
  なぜ人はウェブ日記を書くのか
第2章 インターネットブームの光と影(1996〜1998)
  テキストサイト誕生前夜(プレ・テキストサイト)
  アンダーグラウンド考古学(僕らはみんな厨房だった)
  WAREZの歴史(前編)
  アングラ掲示板黄金時代
第3章 ウワサ話はネットにのって(1999〜2000)
  インターネットのニューウェイヴ(個人ニュースサイトの夜明)
  あめぞう2ちゃんねる(巨大掲示板群)
  ネットラジオのように
  WAREZの歴史(後編)
第4章 個人サイト新世紀〜そしてウェブログへ(2001〜2004)
  個人サイトの飽和点
  P2P革命
  動画・FLASH(21世紀のコンテンツ)
  ノー・ウェブログ、ノー・ライフ
もうひとつの序章 パソ通フォーエバー(1976〜2006)
  日本パソコン通信史(知らないあなたとヤリトリしたい)
  パソコン通信時代(主要大手商用BBS解説)
  もう一つのニフティサーブ
  アングラ神話の時代(UG系草の根BBS解説)
補章 資料
  大事なことは、みんな雑誌に教わった
  ネット考古学者のためのビブリオグラフ

なんかね、はっきり言ってNiftyの会員だったしフォーラムのオフ会にもいったし、今は亡きtwicsのVAXのシェルからLynx経由で海外の変なサイト見て回ってたり、fj.*も読んでた(void氏の名言"ATOK使っているやつはバカ"は今でも覚えているなぁ)…
今は変なものに変貌してしまった、インプレスのInternet Magazineも季刊の頃からの読者だ。
大体、個人でPPPとか使う以前にTCP/IP使うことすらハイソサエティーだったなぁ。
でも、そんな日々が「序章」にきているあたりで既にがっくりと。
まだ若いはずなのに、昔話を語るおじいちゃんのような気分ですよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

夕飯のお供

夕飯のお供

かなりアレげな組み合わせだ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

WTM Collection 7

World Tank Musiumの第7シリーズ"クルクス戦"を遅まきながら購入。
でてきたのは、
・8.8cm Pak43の自走砲タイプ"ホルニッセ"
・Tiger 1 "オットー・カリウス車"(シークレット)
でした。
wtm7
いやー、さすがにTigerのツィメリットコーティングやら1/144スケールでは暴挙とも言うべきオープントップ自走砲とか、もう食玩と笑えないぐらいの作り込みで、はっきり言って模型作らんでもええやんという気になってしまうのは、ある意味弊害かも…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

理科を再勉強

「図解 アリエナイ 理科ノ教科書 改訂版」を店頭で見かけたので購入。

「人体ハック!爆裂毒性医学 前編・後編」とか「毒殺で学ぶmol」などシャレにならないタイトルが並ぶ本ですが、内容は高校から大学あたりで触れる化学/生物学の基礎と応用あたりを、ちょいと面白い(ヤバい)もので説明した良書(ぇ。
さらっと読むだけでは、酸-塩基とか分子量の計算とかややこしいのですが、じっくり関数電卓プログラムを使いながらグラフ化したりすると案外飲み込めたりするので、下手に教室でうだうだ習っているよりも面白いですね。
うん、マッドサイエンティストへのあこがれを今現実のもとに!(ヤメレ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ダーツ!

ダーツ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっぱり

上海の日本総領事館とかに投石やら何やらが…
上海市政府/公安の「届け出てないし、絶対安心」って言葉はどうなったんでしょうね。
「一部不良分子の仕業」で片付けて、「人民の怒りの原因は日本のせい」と苦しい言い訳に走るのかなー。

海外の一部メディアでは、こんな状態になるような国に常任理事国を任せてはおけないので、日本の常任理事国入りを指示するとかそういう論説もでているようで…
ちなみにfinancial Timesでは日本国内での反応についても報じているのですが…ネット上の論説として2ちゃんねるなんかもあがっており、侮れないとか思ったり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MU-2墜落

新潟県の御神楽岳で訓練中の航空自衛隊のMU-2(73-3229?)が墜落。
搭乗員は、全員救助されたものの病院での処置が必要な状態に。
何があったのかは謎だけれども、山岳部での飛行だけに突発的なタービュランスに巻き込まれた可能性も…

| | Comments (1) | TrackBack (0)

中国の反日騒動

あまりにあほらしすぎて触れる気にもならなかったんですが、何となく書きたくなったので。

今回の一連の騒動は、中国共産党が天安門事件の後に行った「愛国(ナショナリズム)教育」のゆがみを如実に示しているものではないかなと。
しかし、実際には国内での貧富の差の拡大や一党独裁による腐敗政治などの内政への不満も同時に含まれているという見方もあったり。
共産党としては、内政への不満をそらすためにはある程度暴力的な動きとなろうとも今回の騒動を本気で押さえ込むわけにはいかず、正直苦しい判断を迫られているところ。
そして、この放置が北京オリンピック開催への不安感を他国に抱かせることもあり、なんとか新華社通信などを使ったマスメディア操作で騒動を落ち着かせたいところだけれども、それが功を奏すかどうかは大きく疑問符がつくところ。
さて、今週末から5月いっぱいの日中戦争がらみの記念日の動きに注目ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tiger!

MacOS X 10.4 "Tiger"の発売日が4/29に決定。
早速、Apple Sotreで予約しておきましたよ。
今回、おもしろそうなDashboard機能やらSafariのRSS対応などかなり機能満載。
あとは、地味ながら注目しているのがCore Imageなんですが、GPUの最低ラインがMob. Radeon9700ってことは、iBook G4でもこの機能が使えないということに。ましてや、PowerPC G4/450MHz & Rage128のG4 Cubeだといろいろ辛そうだなぁ。
まぁ、この機能がどれぐらいOS側で呼び出されるかによるんですけどねー。

しばらくインストールして、様子見かなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

菜種梅雨

適当にぱらぱらと降る雨は、花粉症に悩むぼくとしてはうれしいんだけど…
バイクで通勤するとなると話は別。

打ち合わせのために朝からバイクで事務所へ。
覚悟していたとはいえ帰り道の雨は結構うんざり。
さすがにこの時期はタイヤが冷えきるということはないものの、走り始めは気を使うしジャケットにはだんだん水が染みてくるし…
でも、変に蒸し暑い電車に乗るよりはまだましなのかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サイコロを振るか…

 「神はサイコロを振らない」という言葉は、アインシュタインが量子力学の「観測される現象は偶然に選ばれる」というあいまいさを批判した言葉。
しかし、力学などと言った「突き詰めればある一定の法則性」が導きだされる分野と違い、人間の意思というものは結論を出した当人以外には「サイコロを振った結果」とも言い換えられるかも。
それは、当然のことながら結論に至るまでの様々な条件設定は各個人がもつ価値観や好みなどに左右されるものだから。
そう考えると、サイコロを振って目が出るまでが一番苦しくもあり楽しみな時間なのかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブレーキフルード交換

気にはなっていたもののできなかったこと第2弾。
ブレーキフルード交換をしてみました。
今回は、ハァトマン軍曹おさるばんちょさまに指導をお願いできたので、不安感なく実習を受けられました。
br_oil
ブレーキを握るたびにピンク色の管(耐油ホース)からどくどくと溢れ出る液体フルードが…
そして、すっかりフルードも入れ替わりタッチもよくなったので、乗り味がどれぐらい良くなるか楽しみー。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

日本の外交政策の変化

「国家の罠」を本屋で見つけたので、即購入。

大上段から外交を非難するものでもなく、ひたすら責任逃れに終始している訳でもなく、まさしく日本戦後外交の基本ともいえる「北方四島返還」についてひたすら邁進した結果、政争と省内の争いに巻き込まれてしまった有能な外務官僚の一手記という感じで、抵抗なくするすると読めました。
特に心に残ったのは、 「小泉政権誕生以降におこった日本外交戦略の大変化」 と筆者が「ポピュリズム現象」と表記している 世論の「ナショナリズム化」 という2点。

元々外務省は親米路線の外交を基本としているが、実は冷戦構造の崩壊とともに以下の3つの流れができたと筆者は指摘していた。


  • 冷戦の勝利者であるアメリカの独占が続く(パクス・アメリカーナ)のでその潮流にのろうという、 狭義の「親米主義」

  • 冷戦の終結とともに、日米欧州の国家エゴイズムがむき出しとなりアジアは不安定な状態になる。そのため、アジアの大国である中国との安定した関係を作ろうとした 「アジア主義」

  • 日本が存在するアジア太平洋地域を地政学的に見て、日本/アメリカ/中国/ロシアの4大国によるパワーゲームが行われるだろう。その際、最も距離があった日本とロシアの関係を改善しようという 「地政学論」



筆者や鈴木宗男氏が押し進めていたのは3番目の方針だったのだが、田中前外相との政争に破れ「地政学論」の流れがなくなってしまった。
次に、田中前外相の失脚とともに「アジア主義」も後退し、結局今の限りなく冷戦の論理に近い対米追随路線が規定事項となってしまった。
このことが、その後どのような結果を生み出してきたかは言うまでもないことでしょう。

次に、ポピュリズム現象によるナショナリズムの昂揚について。
これは、経済政策がうまくいかないときに外交問題を解決することによって政権維持を図ろうとするときの副作用のようなもので、その外交政策が思うような結果が得られなかったときに世論の怒りがそのまま排外主義的ナショナリズムにつながっていくという構図です。
これは、まさしく今日本が陥ろうとしている危険な道であり、ネットなどでは既にナショナリズムが声高く叫ばれているような状況である。
# 韓国や中国は既にこの状況に陥っていると、
# 個人的には思いますが

ナショナリズムとパトリアティズム(愛国主義)は、よく混同されがちで私自身もその定義が曖昧だったのですが、筆者によるとナショナリズムはあくまでも「自国中心・排外主義的」であり国際協調とは全く相容れないものだそうです。
一方のパトリアティズムは、排他的な思考は却って国益を損ねると考えられるため、国際協調の枠組み内で最大限の国益を求めることになるとのこと。


これからの日本の外交政策他が、パトリアティズムなのかナショナリズムなのかを慎重に見極めなければならないことだけは確かである。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

トップページが…

なんだか、表示が崩れているのは仕様ですかねぇ。
WYSIWYG対応とかもいいんですが、この不具合をどうにかしていただきたく…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

LAN配線図

やっぱり配線図を作るのは、ネットワーク屋の癖のようなものかも。
こちらの場合は、OMNI Graffile習熟訓練の一環だったんですけどね。
myNetwork
作ってからLANでのボトルネックの把握とかいろいろできたので、これはこれで有意義だったかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

USBメモリ

TranscendのUSB2.0対応512MBフラッシュメモリを買ってみる。
usb_mem

他のメーカーの同容量のものが8,000円弱するのに、5,280円という値段は魅力的。
さらに、x86系のみですが起動デバイスにもできるということもあり、そこそこの容量のものを使えば持ち歩きLinux環境ぐらい構築できるかも…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

外務省の一側面?

J-WAVEのインタビューで気になった「国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて」。

ソ連崩壊から逮捕に至るまでの流れを包み隠さず書いたと著者は話していたので、非常に気になる一冊。
検察には世間の声に反応して行われる「国策捜査」があるとか、混乱した世界情勢の中で必ず発生しそして危険な道だという「極端なナショナリズム」についても触れていたりと、まさに「有能な外務官僚」というにふさわしい話だったなぁと。
なんとしても本を手に入れないと…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

移動中

あー、春本番だなぁ
050406_1109.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そうか

ここで悩んでいたDDNS名での外部からの接続とLANから接続を両立させるには、内向けDNSを使わねばあかんということに。
今までもDNSをたててていたもののキャッシュとしてしか使っていなかったので、ちとnamed.conf他の記述がめんどくさいことになりそうだなぁ。
まぁ、ちまちまやってみますか…

| | Comments (2) | TrackBack (0)

nightmare or prediction dream?

明け方までいろいろネットワーク周りの設定をやっていたので、そのままぐったり&うとうとと…
で、薬を飲まない睡眠時に必ずと言っていいほど起きるのが、夢を見るということ。

そしてその条件で久々に見た夢は、悪夢かそれとも自分のおかれている状況を模式したのかよくわからない内容。
ただ、何かにおびえるように走って逃げて、息が切れたところでうずくまり泣き叫ぶ…。
そこへ知り合いが出てきていろいろ助けを出してくれるようなことを言ってくれているものの、その言葉すら信用できずに逡巡し、そこでいったん目を覚まし、またうとうとし始めると舞台をかえただけで同じようなシチュエーションの夢を見る…

しっかり覚醒してから考えてみると、自分に今足りていないないことを暗に示しているのかもとか思ったり。
それが、自分の不安を正直に吐露することができる人が必要なのか、それとも何を不安に思っているかを真剣に考えることなのかはわからないけれども。
ただ治療にも関わることだけに、それとなく主治医と話してみるべきなのかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

PukiWiki設置で悩む

気軽なCMSとしてよく使われているPukiWikiをG4 Cubeに入れてみる。
設定自体はそんなにめんどくさくなく、phpで書かれている設定ファイルをちょこちょこといじって、ファイルとディレクトリのパーミッションを設定すれば簡単に動いちゃう。
ただ、問題はDDNSをつかってサービスを提供しているため、設定ファイル内でLAN外から見たFQDN指定でスクリプトを設置すると、当然LAN内からは名前解決できないことに…。
この辺、うまくできる設定があるのかFAQや質問リストを見ても該当するような回答は得られず。
本格稼働には、もう少し時間がかかりそうかも…

# 同じCMS系でもSQLを使うものは、できれば使いたくないなぁ
# めんどくさいし(ぇ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »