« 移動中 | Main | USBメモリ »

外務省の一側面?

J-WAVEのインタビューで気になった「国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて」。

ソ連崩壊から逮捕に至るまでの流れを包み隠さず書いたと著者は話していたので、非常に気になる一冊。
検察には世間の声に反応して行われる「国策捜査」があるとか、混乱した世界情勢の中で必ず発生しそして危険な道だという「極端なナショナリズム」についても触れていたりと、まさに「有能な外務官僚」というにふさわしい話だったなぁと。
なんとしても本を手に入れないと…

|

« 移動中 | Main | USBメモリ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1472/3591630

Listed below are links to weblogs that reference 外務省の一側面?:

« 移動中 | Main | USBメモリ »