« Tiger! | Main | MU-2墜落 »

中国の反日騒動

あまりにあほらしすぎて触れる気にもならなかったんですが、何となく書きたくなったので。

今回の一連の騒動は、中国共産党が天安門事件の後に行った「愛国(ナショナリズム)教育」のゆがみを如実に示しているものではないかなと。
しかし、実際には国内での貧富の差の拡大や一党独裁による腐敗政治などの内政への不満も同時に含まれているという見方もあったり。
共産党としては、内政への不満をそらすためにはある程度暴力的な動きとなろうとも今回の騒動を本気で押さえ込むわけにはいかず、正直苦しい判断を迫られているところ。
そして、この放置が北京オリンピック開催への不安感を他国に抱かせることもあり、なんとか新華社通信などを使ったマスメディア操作で騒動を落ち着かせたいところだけれども、それが功を奏すかどうかは大きく疑問符がつくところ。
さて、今週末から5月いっぱいの日中戦争がらみの記念日の動きに注目ですね。

|

« Tiger! | Main | MU-2墜落 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1472/3700075

Listed below are links to weblogs that reference 中国の反日騒動:

« Tiger! | Main | MU-2墜落 »