« フタコイ オルタナティブ | Main | 手相 »

遺族へのインタビュー

犠牲者がJR史上最悪になってしまった、今回の事故の報道をみて思うこと。
突然の悲劇に放り込まれた遺族の気持ちを少しも考えていない報道が目立ちすぎて、いたたまれない気持ちに。
ましてや、昨晩どの局かは忘れたけれどもなくなった方の部屋の中まで報道しているのは、「報道」の名を借りた悪質な「のぞき」の何者でもないとなと。
そんなことよりも、報道がなすべき役割はいくらでもあるだろうに。

今までの大規模災害/事故の報道でも思っていたことだけれども、いかにも「悲劇の一面」という画像が欲しいだけなら、そんなことを望んでいる視聴者などもはやごく少数しかいないということを考えるべき。個人的にはこのような報道を自粛すべきだと思う。
遺族の声が聞きたいのであれば、取材を承諾した遺族にのみ記者会見とかそういう場を設けて代表質問すれば事足りるんじゃないかな。
そもそも、遺族の気持ちは「悲しみ」と「怒り」しかないのにね…

|

« フタコイ オルタナティブ | Main | 手相 »

マスコミニュケーション」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1472/3880887

Listed below are links to weblogs that reference 遺族へのインタビュー:

« フタコイ オルタナティブ | Main | 手相 »