« November 2005 | Main | January 2006 »

December 2005

年末の過ごし方

いつものようにいつものごとく、29/30は有明詣。
comiket69_01 comiket69_sunset
ここしばらくのコミケの傾向として、買う本が少なくなったなぁという感じが…
ものすごくはまっているアニメ(ARIA)はあるものの、それをきっちり同人でだしてくれる人は少ないというか何というかで、あまりがっちり買いましょうという気がないのもあるかも。
あとは、ジャンル買いから作家三買いへ移行したことも大きいかも。
Fate関係もいくつか買ったものの、それは元々好きな絵柄や話しの作家さん達だし。

まぁ、そんなことを考えつつコミケ2日目終了後、お友達とヒレカツ定食を食べたりなんだりして、そのまま終了。
大晦日だということはまったく関係なく、ここしばらく仕事とかでできていなかった洗濯や洗い物、ゴミをまとめたら、お仕事を開始… orZ
お正月明けすぐに締め切りが来る仕事があるので、その辺はすっぱりあきらめなければIT土方稼業はやってられませんから。
さて、お茶を飲み終わったところでもう少し仕事の続きをしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sect買ってきたー

グルメってほどのカテゴリじゃありませんが…
せっかく世の中にケーキが山ほど売っていたりするので、食後のデザート代わりにケーキを買ってきましたよ。
それだけじゃ、つまんないので近所の酒屋で何か発泡酒でも手に入れようと思ったら…
結構日本じゃ扱っていなさそうなSect(ゼクト)があったので、早速購入。
Sektというのは、ドイツワインの種類の一つで発泡酒のこと。
まぁ、フランスのシャンパンやらイタリアのスプマンテなんかのお仲間ですね。

今回買ったのは、ZELLER Schwarze KATZ SEKT trockenというやつ。
sekt cake
ドイツワイン系にしては、少々辛口ですがそれ以上にフルーティな香りが楽しめる一品。
今回のようにデザートワインとしても使えるし、食前酒としても十分なもの。
お正月用にも買っておこう…

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ダージリンですよー

昨日、部屋のみ用ダージリンが切れていたことを思い出し、用事のついでにMARIAGE FRERESに寄ってきたの巻。
店員さんにダージリンのお勧めを聞いたところ、伝統あるプランテーション産で香りもセカンドフラッシュでは随一という"BANNOCKBURN"だそう。
保存缶からでもわかる、上質なダージリンの香りが気に入ったのでそのまま購入。
bannoc
で、先ほど寒さを緩和しようといれたのですが…何この豊かな香り。
きちんとした手順できちんとした茶葉を入れると、こんなにも違うものかと改めて思い知らされました。
幸せー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロード・オブ…

久しぶりに映画館に行ってみたい作品が…
ロード・オブ・ウォー 史上最強の武器商人と呼ばれた男
loadofwar

クリスマスとか世間様が浮かれているときに、このチョイスはどうかと思うけれど…
「一人一丁の世界」って言うセールストークに萌えた(ぇー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バイクも冬支度

ちょっとした時間ができたので、オイルとかを交換してきましたよ。
自分で交換するのがいいんだけど、寒くてめどいのでライコランドへ。
・MOTUL 300V(Factory Line) 2,730*3=8,190
・オイルフィルタ 1,260
・NGK イリジウムプラグ 1785*4=7,140
・交換工賃 3,360
って感じで、気がついたら2万円弱…
うーん、意外に消耗品類は高いなぁ。
とはいえ、余りやすいものを入れてもなんだか不安だし。

交換した後は、さすがにふけ上がりもよく心なしかパワーがあがったと言うか元に戻ったという感じなので、それはそれで納得してみようとか思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久しぶりに

実家に泊まりがけで戻ってみるの巻。
ご両親といろいろお話(みずほの例の件についてとか戦死した祖父と顔似てるとか)をしてみたり。

たまには、こんなのんびりと家族の暖かさを感じてくるのもいいかも。
もう少し親孝行できればいいんだけどねぇ…

| | Comments (1) | TrackBack (0)

映画版「電車男」DVD

なんか、発売になっているようですね。from アキバBlog
まぁ、DVDで発売されるのはわかっていたし、それにものすごく興味があるかと言われれば…
「ただなら見てもいいかも」
というレベルの興味しかなかったのですが。

アキバBlogのタイトルにもなっているんですが、とある店のPOPが面白く興味を引いたかも。

「真実のヲタは美女がからまれていても、手元のPSPから目を離しません。」
「そもそも真実のヲタは、3Dに欲情しません。」
「美女に気を許して売りつけられるのは、版画だけ。俺は誰も信じねーぞ!」

わはー、そのとおりかも(ぇ

現実問題、絡まれているところを助けるかどうかはその人のチキン度によるところなので、どうとも言いがたいところですが…
3つ目の項目は思わずうなずいたかも
だって、どうせヲタクに声かけてくるやつなんて、何か下心があるに決まってるし。
とか、すねてみたりする。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

虹裏的世界観

まぁ、外に出る用事もないので虹裏三昧だ(人としてどうか…

つい最近あった「マヨイガと様々な宗教における天国の関係」とかいうアカデミックだかなんだかという話題が。
ぼく自身は特定の宗教観の天国などはないと思っているものの、原始的な死後の世界観程度には畏敬を払っているのですよ。
しかし、としあきたちは「マヨイガ」という概念を導入して、さらに究極の天国なるものを想像してました。
うまくまとめてあった、レスを引用すれば、

様々な人種、地方、文化などにより「天国」たる快楽や歓びは微妙に異なる
それらを全て統括しそれぞれの「天国」へと振り分けてくれる場所こそがマヨイガ
コーランも聖書も二次裏も八百万の神々も
最終的な「根源」たる「天国」はマヨイガによって管理運営されてる地方単位に過ぎぬ

とのこと。
さらに、この概念を説明した図がこれ。
heaven

ふむ、納得(ぇ
しかも、虹裏の場合は二次元と三次元をフォローしている!
進んでいるぞ。これからの世界観はこれだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やればできる子

無職&童貞ということが「基本装備」になっているふたばちゃんねるの虹裏住人たち。
けれども、その枠だけでは測れない多彩な才能が光ることがあることもしばしば。

そのうちの一つといってもいいのが、虹裏img鯖の定時スレッド「双葉アカデメイア」。
とにかく、アカデミックな話題なら何でもOK。
それこそ、「明日になっても使えないかもしれない知識」の応酬が小気味よいのです。
虹裏住人たちは、本当はやればできる子達だということもこの辺で実感したり…。

そんな、今までのスレッドを保管しているのがここ
ちょっとした知的満足感を得ることに快感を覚える人なら、一度は見ていただきたいです。
ここからさらに別のことに興味が出て、知識の海へこぎだす楽しみを一緒にいかが?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ARIAカレンダー

寒い、寒いというエントリばかりですが…
本当に寒いのはダメというか、ダメになったというか。
そんなことを考えなくてもいいように、部屋は夏らしいものをということではなかったんですが
ARIA 2006 COMIC BLADE カレンダーコレクション(A2壁掛け) 買いましたー
aria_cal
これで一年は、ネオ・ベネティアを感じられるのですよ−。

また一歩人が呼べないような部屋になった気がしますけど…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

冬眠

しているのか、体の具合が悪いのか土曜日はほぼまる一日寝ていたような気がします。
記憶としては、
・夕食は外食ですませた
・歯は磨いた
・どうやらシャワーは入ったらしい
ぐらい…
どこかの認知障害者ですか orz
まぁ、たまには寝すぎるぐらい寝て、体内時計を朝方へ調整してもいいのかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »