« 自作機 新規導入 | Main | iTunes7 »

5年で変わったこと

あちこちで触れられていますが、うちでも取り扱うことに。
5年前、ちょうどぼけっと22時のNHKニュース10を見ていたら、中継で2機目の飛行機が突っ込んでいったシーンが目の前に。
あれほど、世界にはっきりと中継されたテロの実行場面は今でも鮮明に覚えています。
もっとも、それを目撃した瞬間は「事故?」という情報もあったので、判断ができなかったのですが…

それから5年間の間に何が変わったのか?
イスラム原理主義とアメリカ(およびその同盟国)との対立は収まることをしらず、今もアフガニスタンやイラクでは、ただ普通の生活を送る一般市民がその闘争の場に巻き込まれ、あるいは志願していくという悪循環も終わらず…
変わったことといえば、神の名の下に行なわれる正義、あるいは国家を守るために行なわれる正義への犠牲者の名前が増え、明日もまたそれが増えていくだろうということ。
この悪循環を断ち切るには、さらに多くの血を必要とするのであれば、宗教とは何か、国家とは何か、という根本をもう一度考え直し、再構築する必要性があるのだろうと思います。
かといって、国家の枠を越えすぎた資本主義は企業の世界支配という悪夢を産むであろうし、行き過ぎた宗教原理主義(イスラム/キリスト教ともに)とデマゴギーもまた同じ。
中庸な生活を望むには、まだ世界の格差は激しすぎるのかもしれない…

とか、思っていることをそのまま書いたら「押井料理 ヒラコー風味」のような、なんだかよくわからない文章に。

|

« 自作機 新規導入 | Main | iTunes7 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1472/11861810

Listed below are links to weblogs that reference 5年で変わったこと:

« 自作機 新規導入 | Main | iTunes7 »