« PSPをデジタルガジェットとして楽しむ | Main | ツーリングとかオフ会とか »

意図しない家賃滞納とその後

期せずして家賃を滞納してしまうことになった訳ですが、その顛末などかいてみようかと。

そもそも、家賃の払込先が大家さんから管理会社(つかエイ○ル)にかわったところから問題が発生。
自動引き落とし開始日が、
・営業店:10月分から
・本社:9月分から
とかいう、期日のおかしいお知らせが届く始末。
このときは、結局営業店側の知らせでよいとのことに。
で、10月分(9月末引き落とし)を待っていたら、いつまでたっても引き落としがないあげくに、営業店から11月分から自動引き落とし開始とかいう寝ぼけた手紙が10月半ば頃に届いたり。

早速、営業店に連絡すると「本社内での書類処理の遅れ。とりあえず10月分は振り込みしろ(超意訳)」という言い草。
振込手数料こちら持ちで?そんな馬鹿なことがあるかと、本社へ抗議。
「当方は7月末には自動引き落としの書類を郵送しているのにどういうことよ?」というと、本社側は「営業店側の書類の提出遅れではないか?申し訳ない」と謝罪。
とりあえず、このときは営業店側に状況説明書を書いてこちらに送れば、速やかに10月分の家賃は支払う、という約束で情況待ちに。

ところが、今日になっても電話の一つもないので、今度はお客様相談センターへ電話。再度情況説明後すぐに連絡よこせと要求。
すると、ようやく事の重要さに気がついたのか営業店長から電話があり、「振込手数料負担させたくない&お詫びしたいから部屋へ行ってもよいか?」とのこと。
それを了承して、一応謝罪の言葉を聞いたので10月分の家賃を手渡したものの「状況説明書というか始末書は一筆書いてもらうまでは、この件は終わりにしない」と言うと、一瞬めんどくさそうな顔をしたものの要求を受け入れ。
んで、先ほど状況説明書を持ってきたので、一応この件は終了ということに。

しかし、たかだか自動引き落としの手続きでこんなことになるとは思いもよらず、気がつかなかったら家賃滞納者として信用に傷がつくところ。
そういった面では、すっきりしないものの…これ以上ごねると単なるクレ−マーになるのでこの辺でことを納めることにしました。
やれやれ…

|

« PSPをデジタルガジェットとして楽しむ | Main | ツーリングとかオフ会とか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1472/12516105

Listed below are links to weblogs that reference 意図しない家賃滞納とその後:

« PSPをデジタルガジェットとして楽しむ | Main | ツーリングとかオフ会とか »