« May 2007 | Main | July 2007 »

June 2007

お気に入りの就寝音楽

寝るときには、なぜか音楽がないと眠れないのですが…
ここ最近、すっかりヘビーローテーションになっているのが
Fantastic Plastic MachinesのCDたち
特に、最近出たベスト盤やFPMの中の人MIXなんかはもう最高で…
下あたりにアマゾネさんへのリンクを貼っておきますが、
ハウスやBossa/Jazzあたりが好きな人ならけっこうはまれるかも

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「電脳コイル」世界観の一考察

なんて大層なタイトルですが、NHK教育放送でやっている「電脳コイル」の再放送&今週分の放送みてぼんやり考えた、中2病のようなテキストですよ。
たまにはこんなものを書いてもいいかなーと


  1. 電脳空間の基礎考察


    • 大黒市空間管理局が管理している「電脳空間」は、IPv6などを使用した広大なネットワークであると考えられる

    • これは、電脳ペットの居所などをネットワーク越しに追跡できることから、電脳空間に存在するオブジェクトにはユニークなID(IPアドレス)が割り振られていることを示唆する

    • 一方、破棄された電脳空間というものが存在する。これらは、HDDなどにもある「消去されたはず」の空間である。

      もっとも、「破棄された」とはいえその領域をフォーマットしない限りその空間へのノードさえ存在すれば入り込むことはできるらしい

    • 電脳空間にアクセスする端末として「眼鏡」が使用されている

      • いうまでもなく、空間に仮想のコンソールなどを透過して表示させるための道具である

      • また電話機能やネットワーク越しにプログラムを送り込むなどのハッキングツールがあることから、これらにもユニークなIDが振られていると考えられる

      • 価格帯は「お年玉換算で2年分」などという発言から、現在の高機能な携帯電話の価格帯である18k〜25k円の間と思われる




  2. 電脳空間の管理原則


    • 電脳空間修復オートマトン「サッチー」が、郵便局から出発するシーンがある

    • このことから、「電脳空間」は現在では存在しない「郵政省 通信政策局または電気通信局」の管轄と思われる

    • 省庁ごとに管理できる空間は異なっているらしい

      • 「神社内は文化庁の管轄でサッチーは入れない」旨の発言あり

      • サッチーからのビューを表現する際に、鳥居内は「管理外ドメイン」というイメージが表示されている




  3. 「イリーガル」について


    • 電脳空間に発生したバグのようなものらしい

    • 「暗号屋」と呼ばれるハッカー達は、イリーガルを電脳空間に隠された機能を解放するために使用しようとしているらしい

      勇子が「鍵穴」とよんでいるシーンがある

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ぐったり

久しぶりにかなりぐったりで、それこそ息をするのもめどいのですよ
雨が降るのかどうかわからない空模様も、それに拍車をかけるようで
だからといって、一日ベッドの上で過ごす訳にもいかないしなぁ
むむむ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Screen Saverを作る

なんて書くと大変な感じですが…
AppleのDeveloper KITの中に"Quartz Composer.app"というのがありまして
これを使うと、MacOS XのCore Image APIなんかを簡単に呼び出して
適当にレンダリングさせられるという便利な代物
Qcapp_1

テンプレートをちょこちょこいじり回すと何となくイメージがつかめそうな感じなのですよ
まぁ、各パーツの説明は英語なので、それなりに意味が分かるってことが前提なんですけど
Window
# この辺は、MacOS Xに限らずアプリケーション開発をする人には
# 当然要求されるスキルですね

出来上がったものはこんな感じ(要QuickTime)になりますよ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »