« バイク用シートの規格 | Main | GTDとか導入してみた »

経営に付いて考えてみた

ついったで拾った「他人を使える様に行動している、18歳の男の話」を自分なりに考えてみるの巻
どういった内容なのかは、リンク先をあたってもらうとして

気になったのは、「他人を自由に使えるから、会社の経営をやってみたい」というあたり
原文でも触れられているように、「人間の行動心理」を使えば人をまとめることなど簡単だと思い込んでいるところが、なんというかすごく浅い気がするのですよ

人間がそれぞれ持っているスペックとかが数値化されているのならば、定量的な評価ができるので、理論的な管理もできるだろうし、ある意味「自由に他人を使える」ということにもなります
けれども、実際のところそれだけではいかないのが、実社会であり、会社の経営でもあると思うのです
人間の労働意欲というのは、報酬だけではなく「認知」という欲求も含めて成り立っている「らしい」ということが古典的な経営実験で証明され、実際にその手法がいろいろと取り入れられていたりします
認知と一言で言っても、個人ごとに認められたいところって違っていて、それが完全に経営を定量化したものとできないところがある、ということも社会に出てみると分かったりするものです
個人個人の感情を押したり引いたりしてあげないといかんというのは、管理を経験した人なら分かってもらえるとも思いますけれど、どうでしょ?

また、経験上同じ評価をしてくれる人(上司)がいた場合、やはり自分のことをよくみてこの評価をくれたんだ、と感じさせてくれる人の方が嬉しいかなぁと
いや、これだけの業績をだしたからこういう成績、とばっさり言われるのも後腐れがなくていいような気がするけれども、そこに至るまでの努力までみてくれていたかどうかをまったく感じさせてくれないところが余り好印象を持たない原因かも
この辺は、多分「実績評価」をどのようにとらえているかで変わってくるところだと思いますが
「18歳の男」の場合、確実に後者なるんだろうなと思うと嫌な感じがするなぁ

いろいろ書いたけれども、原文に出てくる「18歳の男」が理論だけで社会行動ができると信じているのが正直すごく嫌な感じだし、こういう上司にあたったら部下は確実に士気を低下させてついには組織の崩壊へと繋がっていく、ということが分かっていないんだろうなぁ、とか思ったりしたのですよ
適度に人情と理論の狭間でうまくやっていくという考えは、利益だけを考えると甘いのかもしれないけれど、経営という面では忘れてはならないことなんだろうなぁと思います

と、ここまで書いて気がついたのだけれど…
経営という大きな視点よりは、労務管理と経営とを絡めた意見になっているかも

|

« バイク用シートの規格 | Main | GTDとか導入してみた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1472/46193321

Listed below are links to weblogs that reference 経営に付いて考えてみた:

« バイク用シートの規格 | Main | GTDとか導入してみた »