« 白光のヴァルーシア・体験版 | Main | 【レポート】マクロス元年記念 マクロス クロスオーバー ライブ A.D.2009×45×59@幕張メッセ »

海上自衛隊下総航空基地開設50周年記念基地開放レポート

家の近くにある航空基地、海上自衛隊下総航空基地の開設50周年記念公開が10/11に行われたので、出かけてみました。

展示内容は、いつもの基地祭と同じぐらいかと思ったら、周辺の自衛隊の部隊が結構協力で出ていて意外な機体を楽しむことができました。
このご時世を反映してか、公開エリアのあちこちに陸自の第一空挺団の隊員さんが立っていたのが気になりましたね。
言葉は濁していましたが、明らかに警戒任務だった感じですよ

■基地の概要
下総基地は、海上自衛隊の固定翼搭乗員養成部隊が置かれています。
系統で言うと、教育航空集団司令部下総教育航空群の
・第203教育航空隊
・第205教育航空隊
2航空隊です。
他にも横須賀のシステム通信隊の分遣隊や航空関係の教育を行う第3術科学校なんかもあります。

■展示航空機編
上でも説明したとおりで、海上自衛隊で運用する固定翌期が配備されているので展示もそれが中心でした。
ただ、今回は記念公開ということもあった外来機も多かったのが印象的でした。

203教育航空隊のP-3C
Dsc00493_2
Dsc00576_184419
やっぱり、でかいです。
カメラのフレームにおさめるにも一苦労…
長時間の対潜水艦ミッションを行えるだけの機体だけはあります。
尾部に延びたMADセンサーが印象的ですね。

205教育航空隊のYS-11 TA
Dsc00492
Dsc00508
民間ではすでに引退している機体ですが、自衛隊ではまだまだ現役です。
これで大型機の操縦に慣れてから、P-3Cでの実習に移行します。
同時に、戦術航空士(TACCO)や航法通信士(NAV/COMM)などの搭乗員の訓練も行われているそうですよ

館山基地・第21航空隊所属のSH-60J
Dsc00569
Dsc00570
DDHと組んで対潜水艦ミッションや、物資輸送などを担うワークホース的な機体です。
他の航空隊のSH-60JはIRAN時に低視認性塗装(灰色)になるんですが、館山基地所属の機体は、今後もこの塗装ということもあり人気がますます出そうですねー
進化型のSH-60Kの配備が予算削減などの影響で生産終了してしまったため、稼働作戦機確保のため機体寿命延長措置も検討されているとか…

岩国基地・第31航空群所属のUS-2
Dsc00472
Dsc00510
Dsc00544
実物見たの初めてです。まだ、自衛隊に3機しかない新型救難飛行艇ので無理もないですが…
今回やってきたのは試作2号機(#9902)で、元はUS-1改と言われてた機体です。
詳しいことは、さくっとWikipediaあたりで調べるといいですよ;)

岩国基地・第111航空隊所属のMH-53E "Sea Dragon"
Dsc00503
Dsc00504
Dsc00575
こちらも実物を初めて見ました!
世界でも最大クラスの掃海・輸送ヘリです。海上自衛隊に配備されているのは、全機アメリカからの輸入機なので、コーションマーキングはすべて英語だったりします。
その辺を楽しむのも、マニアとしてはいいですね。
ただ、次期掃海ヘリ・MCH-101の導入が始まっているので、退役も近そうとの噂もあります。実際パイロットさんが「見られる機会が少なくなるので、写真いっぱい撮ってね」といってましたし
それを勘案しても今回見られたのはラッキーでした。

航空自衛隊入間基地・第402飛行隊所属のC-1
Dsc00511
Dsc00516
Dsc00533
普段は入間から各航空自衛隊への輸送任務についています。
下総基地には陸上自衛隊第1空挺団の降下訓練支援のためによくやってくる機体です
輸送機の割にはものすごく運動性能が高いことが一部では有名で、他国の空軍がほしがったとか言う噂も…

陸上自衛隊木更津基地・第4対戦車ヘリコプター隊所属のAH-1S
Dsc00484
Dsc00538
陸上自衛隊の主力戦闘ヘリですよ。
真正面から見るとほんと平べったいのが特徴的
夜間戦闘能力(C-NITE)改修済みの機体だそうですよ
# パイロットさんに聞いてみました

陸上自衛隊木更津基地・第1ヘリコプター団所属のOH-6D
Dsc00486
Dsc00512
偵察や弾着観測などに使われる、偵察ヘリです。
木更津基地所属機は、暗視ゴーグル対応操縦席などの夜間飛行能力が向上されています。
卵形でかわいい機体ですね
# AH-6"リトルバード"の原型機。
# 「ブラックホークダウン」でも登場してましたね

陸上自衛隊木更津基地・第1ヘリコプター団第106飛行隊所属のCH-47J"チヌーク"
Dsc00505
Dsc00530
Dsc00532
陸上自衛隊で、隊員や軽車両の輸送を担当しているヘリコプターです。
人だけなら40名弱のせられるだけあってでかいですねー
この機体には、ネイティブアメリカンの「チヌーク族」にちなんだ羽飾りをつけたマーキングがいれられています

陸上自衛隊のUH-1J
Dsc00485
Dsc00489
陸上自衛隊で、ヘリボーンや輸送などに活躍している多目的ヘリコプターです。
エンジン上部にALQ-114赤外線ジャマーが付いているのが特徴的
でも、この機体調べる限り西部方面隊にいた機体なんですよねー
中央即応集団がらみの編成替えで、関東方面に来たのかなぁ

■動画編
 体験飛行に出るP-3Cを動画で撮ってみました。
 
 エンジンがかかるたびに、だんだんとこちらに吹いてくる風が
 強くなってきたのが印象的でした。
 実際には、タービンの音とかの高音や回転するプロペラの低音が
 混じっていたのですが、カメラのおまけマイクだとこんな感じの音に
 10分程度あるので、暇な人だけ見てくださいねw

■おまけ編
第一空挺団の出張展示があったので寄って見ましたよ。
装備品の装着体験ができるとのことで早速トライ
・地上用装備品ザック(18Kg)
 Dsc00475
 Dsc00476
 これ背負って山の中歩くとか無理ですよ!
 立っているのが精一杯でした
 
・自由降下傘 MC-4(14Kg)
 Dsc00477
 HAHO(High-Altitude High-Open)=高高度降下高高度開傘用に
 導入された新しいパラシュート
 侵入時には、これを担いで装備品ザックと個人携行火器を持つって
 言うんだから、ほんとに空挺団員の人の体力が尋常でないことが
 よくわかります
 Dsc00568
 実際身長差がこれだけあるのに、どう見てもお隣の人の方が
 強そうですw

■お土産品
 ・海上自衛隊203th ATSQの部隊識別帽
  Dsc00581
  501統合戦闘航空団の部隊識別帽と合わせて撮ってみましたw
  
 ・海上自衛隊211飛行隊・第3次ソマリア沖海上警備行動記念パッチ
  Dsc00584
  今何かと話題のソマリア沖派遣部隊が作った非公式パッチ
  "JAPAN NAVY"とかおもいっきり書いてあるのが印象的
  JMSDFとかじゃわからないですからねー
  
 ・陸上自衛隊第4対戦車ヘリコプター隊パイロットパッチ
  Dsc00582
  般若の顔が、おどろおどろしいですねー
  
 ・第1ヘリコプター団第106飛行隊特製Tシャツ
  Dsc00583
  彼らが乗っているヘリのエンブレムをデザインしたTシャツを
  商魂たくましく売ってましたw
  Lサイズがすでに売り切れだったのですが、展示品でいいから
  譲ってほしいといったら半額で売ってくれました。
  羽飾りの意匠がカッコいいです!

他にもいろいろ写真を撮ってきたんですが
さすがに載せきれなかったので、
アルバムにまとめてみました。

|

« 白光のヴァルーシア・体験版 | Main | 【レポート】マクロス元年記念 マクロス クロスオーバー ライブ A.D.2009×45×59@幕張メッセ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1472/46466546

Listed below are links to weblogs that reference 海上自衛隊下総航空基地開設50周年記念基地開放レポート:

« 白光のヴァルーシア・体験版 | Main | 【レポート】マクロス元年記念 マクロス クロスオーバー ライブ A.D.2009×45×59@幕張メッセ »