趣味

C76 1日目終了(追記あり)

台風の動きで天気予報がふらふらとしていましたが、何とか暑さもそれほどではなく動きやすい天候でスタートしたComiket76です

今回は予算的に厳しいこともあり、回るサークルをかなり絞りました。
それが吉か凶かはわかりませんが、たまにはこうやって吟味するのもいいのかも
ということでサクッとお買い物を披露してみるの巻
C76_1day
やぁ、ほんとに少ないですね。
目立つところといえば、TEX-MEXとbolze.さんとこぐらいですか。
あとは、僕の好みの絵柄な薬缶本舗さんや、はやて×ブレードをネタに楽しいギャグ本を出していらっしゃるペンペン草くらぶさんあたりなどなど。
絞りすぎという気もしなくもないですが、3日目もあることですしねってことで。

そして、余った時間はついったで予告してたんですが、がんばってコスプレさんを撮影にいきました。
しかも、今回は掲載許可をいただくためにお手軽手作りですが名刺まで準備しました。
なんか、どんどん間違った道に走っているような気もしますが、どうしようもないよねー(とかいう

まずは、まだ映画も見に行けてないのにネットで見た画像ですごく気に入ってしまった「真希波・マリ・イラストリアス」特集
Nono
桜木ののさん
最初見かけたときに写真を撮ろうとしたんですが、囲みがきつくて別の機会に再度お見かけしたのでとってみた次第

Makinami01
お名前を聞き忘れちゃった真希波さんその1。
うまく目線をもらえたショット。まだまだ慣れてないのでスムーズに目線をもらえるチャンスが少ないんですよねー

Makinami02
お名前を聞き忘れちゃった真希波さんその2。
猫耳がかわいいです。眼鏡によく似合いますねー。というか、眼鏡が非常に大事(またか

最後になっちゃいましたが、お友達の心愛きらさんとお友達のランカ&シェリルあわせです。
Kira
どことなくほんわかした感じが伝わっているといいかなぁ

しかし、こうやって見るとほんとポートレートの撮り方がまだまだですねぇ
コンデジなので、ボケをうまく使えない分何か工夫をしなきゃいけないんでしょうけど、どうしたらよいものやら。
あまりソフトで加工しちゃってもアレですしねぇ…
そんなことを考えながら、明日も有明に行くのですよ。
つづく!

追記:
コスプレ広場でお友達としゃべっていたら、後ろでスタッフが逃げようとしている人をとっ捕まえてましたよ。
ええ、そのあとぼくも含めて周りで協力して手に持ったカメラを引きはがして内容チェック…
はい、盗撮でした。後で広場を立ち去るときに更衣室本部でこってりとしぼられている姿を見かけましたよ。
盗撮はだめですよ、絶対に

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「メガネっ娘」ブーム到来

さらしるさんとこ経由、Infoseekニュースより。
なぜメガネっ娘がウケるのか? (ゲンダイネット)
内容自体は「眼鏡女性増えているよねー」って感じで、メガネスキー同志諸君にはうれしい内容。
ただしさらしるさんも触れているのですが、"お茶の水女子大教授の土屋賢二氏(哲学)"なる人物のコメントには失望感が…

メガネっ娘好きは、別に知的な女性を好んでいません。むしろ、能力のある女性を評価できず、反発する傾向が強い。
ええい、メガネスキー同志諸君がどこに萌えているのかをさっぱり考えていない的外れなコメントで、個人的に抗議の声を上げたいところ。
"メガネをかけることによって、知的な雰囲気を感じさせる"部分が大事だというのに。

などと、社会的にはどうでもいいことに反応してみたりする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

H&k Hk33K発売決定

KSCのホームページ見たら、Hk33Kが発売決定とのこと。
むー、ちょっと引かれるなぁ。
これ買って、BundeswehrのGebirgsjägerコスとかしてみたい…

とはいえ、長物置いておけるだけの余裕は部屋にないし…
むむむ、困ったもんです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

初めての戦車模型

ふとModel Graphixなどを読んでいて思い出したことなど。
初めて作った戦車模型って何だったっけと記憶を辿ると…4号突撃砲(Sturmgeschütz IV/Sd Kfz167)だ。
# 戦車じゃないじゃない、という突っ込みは不可
stug4
数ある突撃砲の中でもこいつは異色で、3号突撃砲(Sturmgeschütz III Aufs G/Sd Kfz142/1)の戦闘室に4号戦車車体を組み合わせて作ってみたという代物。
元々実験的に作られた車両だったはずが、3号突撃砲を作っていたアルケット社の工場が空襲によって生産が不可能になったのを受けて、急遽正式採用になったといういきさつがあったり。
その後も、戦場から送り返されてきた4号戦車の車体やクルップ社ラインで、終戦まで作られ続けた「隠れた名車」に数えてもいいのかも。

小学生の自分がどの辺りに萌えて模型を買ったのかは覚えていないけれども、たぶん
・操縦室前の15cmコンクリートブロック
・7.5cm StuK40 L/48の鋳造防楯(Saukopf)の造形
・補助装甲板(Schürzen)

とか、その何とも言えないドイツ風な無骨さがたまらなかったのかも…

後に4号戦車D型(Panzerkampfwagen IV Aufs D/Sd Kfz161)なんかも作ってますが、なぜ素直に5号戦車や6号戦車を作らなかったのかは謎。
その頃から、玄人好み路線(またはマイナー路線ともいうw)を、突っ走る運命だったのかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)